IC王座陥落(2019/10/18 SmackDown)

(「ロマンレインズとは初対戦」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

先週から今週にかけてのドラフト(RAWとSmackDown選手入れ替え)で、ナカムラシンスケはSmackDown残留が決まりました。

その一方で、おなじくSmackDownが獲得した(おなじく残留ですが)選手に、ロマンレインズがいました。

今回、突如ですが2人の試合が実現しました。

インターコンチネンタル王座戦です。

(以下、画像出典はWWEです。)


・どんな試合だった?


キンシャサに
カウンターで
スーパーマンパンチ!!

肝心の試合ですが、トップアスリートによる良い試合でした。

のぞむらくは、アングルが皆無だったことですね。

せっかくのロマンレインズなのだから、マイクセグメントのひとつやふたつ、ナカムラシンスケに作って欲しかったです。

最近のナカムラシンスケは、完全に”ビジネスアソシエイト”のサミゼインにマイク任せっきりなのですが、逆にそれが価値を殺していたようにみえました。

試合自体は、なんかFOXの放送になって光の量が増えたせいか、なんかレッスルマニアの試合みているようでした。

私としては、この勢いで、ナカムラシンスケvs.ブロックレスナー・・・実現させてほしいんですけどね。

ぜったいよい試合になるとおもうのですが。


・反則負けで王座陥落。


バロンコービンが、
なんか杖使って、
ロマンレインズを急襲!!

・・・で、試合はナカムラシンスケが負けてインターコンチネンタル王座陥落したのですが・・・

・・・ファンの皆様にとって救いなのは、べつに試合で敗北したわけではなかった、ということです。

最後、とくにナカムラシンスケに関係のない、バロンコービンが、ロマンレインズを背後から急襲します(上掲画像)。

これによって、ナカムラシンスケ側の反則負け、となります。

なんかこれ、バロンコービンのTwitterで、ロマンレインズへの因縁アングルが展開されていたことの延長のようです。

Twitterへのリンク貼っておきましたが、以下のようなロジックです。

バロンコービンSmackDownのFOX初回放送で、オレはTheRockに恥をかかされた。キングのオレを愚弄するとは何事だ。代わりにTheRockの親族であるロマンレインズ、オマエが謝れ。」

・・・いや、そんな突貫工事でアングル作られても困るよ・・・。

というわけで、ナカムラシンスケは、とんだとばっちりで王座から陥落しました。

でもなぜか、今回の放送最後で、バロンコービンと仲良くタッグを組んで、ロマンレインズと再戦します。

それは次の記事で。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m