サマースラム日本人きびしいか(2019/8/6 SmackDown)

(「黒人みたいな話し方になってきた
ナカムラシンスケ」
出典:WWEYouTube

こんばんは、ヤマガタです。

今回(2019/8/6)、SmackDownですが、ナカムラシンスケの出番も、カブキウォーリアーズ(ASUKAとカイリセイン)の出番も、ありませんでした。


・SmackDownは相当ピリピリしているみたい。


オーディエンス数減少の一方、年末に始まるFOX移籍・・・と吉凶混在のSmackDownは相当ピリピリしているみたいで、以下のようなことが報じられています。

① エリックビショフのSmackDownプロデューサー就任は、投資家に対するポーズであって、RAWのポールヘイマンほど、その影響力はない。

② SmackDownに辛く当たっているのはビンス(社長)で、台本を放送直前になって破り捨てて書き直すことを何度もしているもよう。

ソースは散在しているのですけれども、覚えているものの内、Cagesideseatsこの記事をどうぞ。


・アリとの抗争もおわりか?


もはやナカムラシンスケも
すっとばして
ドルフジグラーに絡むアリ。

そんなこんなで先週アリに負けて、どうやらSummerSlamでアリとの前座戦でインターコンチネンタル防衛をするかとおもわれたナカムラシンスケですが・・・

・・・今週は本記事トップ画像のインタビューがYouTubeにアップされただけ。以下のことを言っただけです。

ナカムラシンスケ先週アリに負けたけれども、SmackVilleでは勝ったからね。」

ナカムラシンスケ「アリはもういいよ。次、次・・・。」

要するに、このインタビューでアリとの抗争アングルはあんまり面白くないので止めにしました、というWWEの意向が伝えられたことになります。

そのYouTube動画のコメント欄にも出ていますが、やはりファンは、アリスターブラックとナカムラシンスケの抗争を期待している模様。

私もまったく同感です。

ちなみに、このインタビューだけ見るとアリがナカムラシンスケに見切られたようにみえますが、実際アリは相変わらず出世街道バク進中で、上掲画像のとおり、今週のSmackDownでもちゃっかり役目を与えられています。


・トザワも205Liveでの役目後退。


トザワがトペしているところ。

一方、一時期クルーザーウェイトの中心人物だったトザワも、すこし後退した役目になっています。

今週の205Liveがサマースラムでのドリューグラック(現クルーザーウェイト王者)に対する挑戦者を決める6人マッチが行われたのですけれども・・・(上掲画像)

勝ったのはNXT UKから来たオニーローカン(Oney Lorcan)でした。

まあ前座でしょうけれどもトザワは、こうしてSummerSlam出場を逃しました。しばらくは、中心人物であることは変わりありませんが、205Liveで目立った役割は与えられないとおもわれます。この機にNXTとかにすこし出てほしいんですけれどもね。

・・・それにしても、205Liveは相変わらず深夜の体育館でした。上掲画像のとおりです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m