今回はトザワもヒデオも:その1(2018/8/14 205Live)

(「ど~しても前座から這い上がれない
205Live」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。SummerSlam迫ってますからね・・・サッサッと記事にして行かなければヤバイ状況です。

というわけで、8月14日の205Liveです。

今回はめでたく、トザワ選手もヒデオ選手も両方出演しました。

どんな感じだったのでしょうか。

まずは、トザワvs.リオラッシュ戦からみてみましょう。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ど~してもリオラッシュに勝てないトザワ。


The Final Hour!!

(カエル跳びしてのボディープレス)

The 23-year-old piece of goldこと、リオラッシュ(Lio Rush)。

彼が205Liveに登場してから抗争相手となっているトザワ選手ですが、前クルーザーウェイト王者の肩書もむなしく連敗しています。

(2018年)7月17日に初対戦で、敗北。

そして今回も、敗北。

第1試合としては申し分ない、よい試合だったんですが・・・。


・よい試合だったんですが・・・。


レインズの時だけブーイング消して

声援いれてんじゃねーの?」

ただ、今回のトザワvs.リオラッシュ戦みてて「なんか歓声が不自然だな・・・」と思ってしまいました。

最初は「あれ?205Liveって段々よい雰囲気になって来てんじゃないのか?」と軽くビックリしたのですが・・・。

WWEのフェイク音声(ブーイングを消して声援を増やす)について、検索かけるとまず出てくるのが、ロマンレインズのセグメントでのフェイクです(上掲記事)。

さもありなん。

でも問題は音声だけではありません。

WWEは最近、不自然なカメラシャッターの光も挿入するようになったんですよね(下記画像の記事)。

この悪い意味での「スポーツエンターテイメント」は何とかならんのかな・・・と、たまに思います。

まあ、「CMパンクチャントなんかフェイクでやるわけないだろ」というWWE擁護派の意見も見かけられましたが、正直、WWEのやっていることはほとんどウソですからね・・・(←あ~あ・・・)。

ここらへんで、新日本プロレスが海外でウケ始めているのかな、と最近みょうに納得しています。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m