紫雷イオvs.シェイナバズラー:金網デスマッチ(NXT 2019/6/26)

(「ふんっ!!」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

この回にお伝えしたシェイナバズラーvs.紫雷イオの金網デスマッチが放映されました。

(以下、画像出典はWWEです。)


・負けた(紫雷イオが)。


最後ボテッ・・・と
バズラーが落ちた。

二度以上、紫雷イオ勝った・・・!!とおもったシーンがあったんですけれども、最後はシェイナバズラーがラッキーな仕方で勝利しました。

そのシーンですが、こんな感じでした。

① 最後、紫雷イオが、体力を振り絞ってスチールケージの外に出ようとする。

② そこをシェイナバズラーにつかまって、切り札クラッチ!!

③ 紫雷イオは金網の扉を開閉して、シェイナバズラーの頭にぶつける!

④ 失神したバズラーが前のめりに落ちて、スチールケージから先に脱出(上掲画像)。

金網デスマッチは先にスチールケージ(金網の檻)から脱出すれば勝ちなので、これでシェイナバズラーのタイトル防衛が決定しました。


・キャンディスレラエに三行半(みくだりはん)。


三行半(みくだりはん)
を体現するイオ師範。

試合自体、かなり見所がありました。

15分くらいの試合だったかな。

① 金網のへり(一番高いところ)からの紫雷イオのムーンサルト。

② いつものThe 4 Horsewomen介入。

③ キャンディスレラエの救援。

しかしメインは何と言っても、自分を救援に来てくれたキャンディスレラエ(←ミスはまったくなし)に、紫雷イオが八つ当たりするシーンでした。

パイプ椅子でバッチンバッチン叩いたあと、垂直落下式ブレーンバスター(上掲画像)!!


・カイリセインもいらない。


リング上で悶絶する
キャンディスレラエに向かって
カイリセインはもういらない、
と叫ぶイオ師範。

フルセイル大学収録だったんですけれども、このヒールターンに、観客はブーイングと拍手喝采で反応しました。

厳密には、まだ容姿から紫雷イオがヒールターンしたかどうかはわからないんですけれども、プロレスコミュニティーでは、この記事に書いた情報がすでに出回ってますので、紫雷イオ=ヒールで、みんな喋くってますね。

そこで注目されているのが、ルチャアンダーグラウンドで紫雷イオが演じたヒトキリのようです。

・・・まあ、最近、紫雷イオ、やたら入場で笑顔つくって愛想ふりまいていましたからね。

結構前から、このヒールターンは計画されていたのかもしれません。

で、どうなるんでしょうね。

ウワサでは、次のNXT TakeOver: Toronto(2019/8/10)で、ミアイム(Mia Yim)が、シェイナバズラーに勝って、バズラー昇格なんてストーリーも予想されているみたいです。

・・・ただ、シェイナバズラー、昇格して人気出るか?

このままアンダーグラウンドキャラでいってもいいような気もするが。

いわゆるゲートキーパーってやつですよね。

205Liveのヒデオイタミが最後までそれ(ゲートキーパー)で終わったって、言われることがあります(Cagesideseatsこの記事)。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m