ニュース3連発:AEWチケット異常な売れ行き、紫雷イオヒールターン、KUSHIDA連勝。

(「だれなんだ、って話」
出典:WrestlingObserver

こんばんは、ヤマガタです。

そんなに小さくもないニュース3連発です。


・本当にヒールターン。


紫雷イオの予定は金網デスマッチ後の収録も終わっており、どうやら本当にヒールターンするみたいです(本記事トップ画像)。

次回、NXT TakeOver: Toronto(2019/8/10)でシェイナバズラーに挑戦するのは、ミアイム(Mia Yim)と決定していますから、このヒールターンの結末はまだわかっていません。


・AEWのAllOutがレスリング史に残るチケット売れ行き。


ここにまとめたAEWの興行予定の内、現在トップにあるのが(2019年)8月31日のAllOut。

10,000人のキャパですが、WrestlingObserverによると、なんとチケットを求め、ものの30分で72,500人の超、超、長蛇の列ができたとのこと。

1人当たりが複数枚買うことを考えれば、これはAEWは、レッスルマニア規模(毎年大体8万人)の興行を行えたことになります。


・KUSHIDA無敗。


紫雷イオと並行して先取り収録が行われているKUSHIDAですが、この記事でお伝えした勝利(対Jeff Parker)に続き・・・

今度はなんとタイタスワールドワイド(トザワ関連)のアポロクルーズ(Apollo Crews)に勝利したみたいです。

出所は前述の紫雷イオとと同じWrestlingObserber

じつはこの件、アポロクルーズの方に注目が集まっていて、昇格組のNXTへの出戻りとして、メディアから記事化されています。

トップバッターはこの前TakeOver: XXVでベルベッティーンドリームに挑戦したタイラーブリーズ

それに続いて、ファンダンゴ、そしてアポロクルーズ・・・あたりが注目されています。

参考:More main roster talent followed Tyler Breeze to NXT 

NXTはやたらペースあげて来ましたね。

本格的にブランドとして一本立ちするつもりなのかな?

なんかTV放映あるとかいう話ありませんでしたっけ。

・・・・・

とりあえず、今回は以上です。

では。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m