SuperShowDownサウジアラビア②:レスナー楽な仕事。

(「オマエ絶対内心ほくそ笑んでるだろ」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

SuperShowDownのつづきです(第1回目はこちら)。

(以下、画像出典はWWEです。)


・バロンコービンvs.セスロリンズ


バロンコービンも
パッとしないレスラーだわな。

現在WWEのメインストーリーになっている、レスナーパラノイア(キャッシュインするぞ詐欺)について、追っていきたいとおもいます。

今回SuperShowDownでは、表向きバロンコービンvs.セスロリンズ戦が行われました。

直近のRAWの副産物(FallOut)なんですけれども、セスロリンズはそのときレスナーに急襲されたのが原因で腹巻きして登場。(←包帯っていえ)

ただ、あれだね、セスロリンズ、いつのまに聖★ビーストスレイヤーみたいなどベビーになったんですか?

アンブローズへの当てつけですか?

試合自体は、最後、バロンコービンがイスを使ってセスロリンズを攻撃しようとしたところ、レフェリーに文字通り叱られ(上掲画像)、そのスキにセスロリンズが丸め込みで勝利。

つまらなかったです。


・ぼろ儲け。


出て来て、
イタイ!イタイ!!
ってやっただけ。

問題はそのあと。

楽してカネ儲けすることに味をしめたブロックレスナーが登場します。

時給にしたら、往年のマイクタイソン超えるんじゃないか、というくらい、楽な仕事でした。

こんな経緯です。

① 試合後、逆上したバロンコービンにエンドオブザデイズをきめられ、セスロリンズがダウン。

② そこに公約通りレスナー登場(本記事トップ画像)。

③ しかし、そうはさせるかとセスロリンズがローブロー。

④ 男だけの痛みにもだえるレスナーを、セスロリンズがイスでバッチンバッチン(上掲画像)。

⑤ ・・・というわけでレスナー、キャッシュインできず。

レスナーの出番は、これだけでした。

うげ~、楽な仕事だなあ。

速攻、楽屋にさがって、サウジアラビアの街にくり出していったのでしょう。

人間ダメになるぞ、レスナー。

ちゃんと働け。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m