ムーディーズの否定的コメントはお騒がせか?(FX 南アフリカ)

こんばんは、品川です。

総選挙が終った南アフリカ。

なにはともあれ、格づけ次第なのですが、直近でムーディーズ(Moody’s)になにか動きがあったみたいです。


・Moody’sダウングレードか?


なにはともあれ格づけ次第の南アフリカ情勢。

今年(2019年)3月29日、Moody’sは期待されていた格づけを延期しました(この記事)。

しかし(2018年)5月8日総選挙1週間後、不穏なステートメントを発表したようです。

SA ‘resilient to shocks’ but credit profile likely to erode – Moody’s

May 16 2019 07:30

格付け会社ムーディーズは、南アフリカの財政はダメージを吸収し、そのことは格づけ維持に貢献し得るとしたうえで、しかし、南アフリカのバランスシートは停滞を続けるだろう、とコメントした。

経済成長の長期的停滞は避けられないだろう、とムーディーズは付け加えている。

Credit rating agency Moody’s says while SA’s credit profile is “resilient to shocks” that support[s] its investment-grade rating, the country’s credit profile is likely to continue to erode.

South Africa faces weak long-term growth despite its favourable government debt structure, it said.


・Moody’s格づけ維持か。


しかし南アフリカ国内での民間調査会社は、このムーディーズの否定的コメントは、格づけに影響しないだろう、と述べています。

Moody’s likely to keep SA’s credit rating at investment grade post-election

May 16 2019 11:54 Sibongile Khumalo

FNBセキュリティーズ調査部トップChantal Marx氏は、総選挙の結果が肯定すべきものであり、このことはムーディーズも否定できないだろうと述べている。

「政府のゴタゴタが続くなら話はわかる。しかし現状は安定的だ。だからムーディーズによる格づけ変更はないだろう」と同氏は述べた。

The outcome of the election which was in line with market expectation is likely to influence global ratings agency Moody’s to keep South Africa’s credit assessment unchanged at Baa3 – the last rung of investment grade, according to head of research at FNB Securities.

・・・

Chantal Marx from FNB on Monday said a change in Moody’s assessment was not expected, but that sentiment was dependent on external factors and changes in domestic growth.

・・・・・

“If we see further slippage in terms of government finances that would be a really bad thing. But as things stand now, we think there is a better chance that they will keep their assessment as is,” she added.

・・・まあ、あいかわらずお騒がせの格付け会社ですね。

個人的には、ムボウェニ予算演説のときと同じように、プレッシャーをかけているだけだとおもいます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m