米2月雇用統計(FX 2019/3/8 金)

(「22:30雇用統計発表時
USD/JPY分足」
出典:外為どっとコム)

こんばんは、品川です。

日本時間で、本日(2019/3/8)22:30ごろ米雇用統計が発表されました(前回は2019/2/1)。

失業率:3.9%予想3.8%発表(先月は4.0%)

非農業部門雇用者数変化(前月比) :18.0万人予想2.0万人発表 (先月は30.4万人)

結果としてはネガティブでしょうね。

・・・で、問題はこの冗談みたいな2万人という数字ですが・・・。


・周期的に来ている模様。


右端が今回の2万人。

前回は2017年10月に到来している模様。

(日本10/6、外国6/10に注意)

この驚きの非農業部門雇用者数変化2万人ですが、投資家1年生の方は怯えているかも知れませんけれども、上掲画像の通り、そんなに天変地異の出来事とも言えません。

リーマンショック時(2008年あたり)はずっとマイナスだったわけですから(上掲画像左端)。


・ついでに失業率。


オバマ前大統領と

バーナンキ前FRB議長が

がんばったと言いたい。

失業率ですが、本当に最近のアメリカは良い国になったなー・・・というのが、この失業率の改善です。

ちなみに日本は現在2.4%だそうです。

アメリカに関して言えば、3.8%なんていうのは歴史的な水準です。

これは上掲画像をもっと広い歴史的スパンに置けば分かります(下記画像)。


・佐藤氏のまとめ。


アメリカは歴史的に

最も低い失業率を謳歌している。

(画像右端)

以上のようなぬるま湯ですから、現在喧伝されている悲観論は、私自身、そんなに騒ぐほどではないと受け止めています。

まとめは、外為オンライン佐藤氏がよかったです。

年内の利上げを停止する可能性のある米国。

先週の全人代で今年の経済成長率を下方修正した中国。

さらにわが国でも、昨日発表された景気指数は3カ月連続で低下しており、すでに景気はピークアウトしているのではとの観測も出ています。

日米欧に中国を加えた「世界4大経済地域」で景気減速が鮮明になれば、リーマンショック級とは言わないまでも、マクロ的に見れば世界景気の低迷を背景に、低金利水準が当面続くということになります。

そして、その最大の原因はトランプ政権が仕掛けた「貿易戦争」にあることは明らかで、米国の保護貿易、自国主義が世界景気の脅威になっていることを、昨日ドラギ総裁も暗に批判していたと受け止めています。

要するにトランプ(米大統領)が起こした人災が現在の下げ相場の原因です。

南アフリカの中銀国有化や、トルコのインフレなど、確かにその国固有の原因を探すもできますけれども、現在の下げ相場は、基本的にトランプ保護主義に端を発するリスクオフが原因です。

南アフリカ、トルコ固有の原因は、そんなに無いと思ってもらった方がよいです。

でも両国のファンダメンタルズは興味があるので、これからも記事にさせて頂きます。

もちろん、メキシコも考えています。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m