激動の(?)プロレス界契約状況チェック:ナカムラシンスケの場合。

(メルツァーのTwitter
結構勉強になったりする。)

こんばんは、ヤマガタです。

間もなく(2019/2/7)AEWのDouble or Nothing興行チケット販売祝賀会が行われ、そこでケニーオメガが登場し、プロレス界には更なる動きが訪れると考えられています。

ただ、文字通り百戦錬磨のビンスマクマホン(WWE社長)が黙っているわけがなく、このままAEWの思い通りにはならないでしょう。

そう考えると、アンブローズの件・・・やはりビンスの仕掛けた罠のような気がします。だって、アンブローズの奥さん(レニーヤング)、RAWのメインアナウンサーですよ!?

そんなこんなで、こういう時、頻繁に話題になるレスラーの契約状況を概観しておきたいと思います。

まずは嵐の前の静けさのように話題にならないナカムラシンスケ(Shinsuke Nakamura)からです。


・ナカムラシンスケは爆発寸前?


話題には上らないが

本人のフラストレーションは

頂点に達していると思う。

明確なソース(情報源)がないので記事化されていませんが、ナカムラシンスケ(Nakamura Shinsuke)は、かなり、臨界点に達している・・・という印象です。

RoyalRumble、前座でUS王座戦をやらされた挙句、RoyalRumbleマッチにも登場したものの、こともあろうに205Liveから上がって来たばかりのムスタファアリに落とされる始末。

しかも上掲画像の通り、US王座取得直後に陥落

相手はジャックスワガーの総合参戦でラップちんたらやってたR-Truth

これがSD王座戦線参加への布石だったら呑み込めるかも知れませんが、もしそうでなかったら、地に落ちたも同然の扱いですよね。


・「残留はWWEのオファー次第」と言っていたが・・・。


雰囲気イケメン

ひとり挙げろと言われたら

即座に

ナカムラシンスケ

と答える。

ナカムラシンスケの契約状況については、去年の7月頃に既に話題にあがっていて、そのころ出回ったのがSkySportsの上掲動画です。

10年後のフィンバラーみたいなインタビュアーに「新日本からオファーが来てるって話だけど・・・」と聞かれ、「そんなことないよ」とナカムラシンスケは答えていました。

そして残留はWWEのオファー次第だ、と答えています。

もしこの考えが今も続いているなら、WWEはAEWへの流出を食い止めるため倍額オファーを連発しているそうですから(例えばCagesideseatsのこの記事)、ナカムラシンスケの残留は確実と言えるわけです。

言えるわけですが・・・。


・契約は今年1月までだとウワサされていた。


AJスタイルズとナカムラシンスケは

新日本2016年退団の同期組。

実はメディア間では、今し方過ぎ去った2019年1月は結構、緊張感があった時で、陰ながらAJスタイルズとナカムラシンスケの契約が、この時期に切れるだろう・・・とウワサされていたのです(上掲画像の記事など)。

ウワサによると、2016年1月新日本退団時に、AJスタイルズとナカムラシンスケは、WWEと3年契約を結んだと言われています。

だから今がAJとナカムラの契約失効期。

AEWも恐らく、そこを狙っての旗揚げかも知れません。

そんなこんなで、果たしてナカムラシンスケとAJはどう動くのか、ということが今、水面下で注目されているわけですね。

で、ナカムラシンスケは、上に言いましたが「WWEのオファー次第だ」なんて言っていましたが、現状の扱いはアンブローズなんかより100倍悪いわけで、一方(新)日本でのマス棚橋復活なんかを見るにつけ、もういいや・・・(ナカムラ氏)と思うようになってもおかしくありません。

ただひとつ、ナカムラシンスケを食い止めることがあったとしたら、それは、「新日本に戻ったらウェルカム過ぎてぬるま湯になってしまう」とか、やはり「WWE王座を奪取できていない・・・」とかいう共にいかにも日本人的な発想でしょう。

AJスタイルズなんかは、移動、移動のWWEにうんざりして、とっとと出て行きたいと思っている、なんて話を各メディアで見ます(聞きます←YouTuberがよく言う)。

果たしてナカムラシンスケ、どう動くのでしょうかね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m