KUSHIDA vs. サントスエスカバー(2021/5/11 NXT)

(「キャリア最高の活躍」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

WWEに移籍してからパッとしなかったKUSHIDAですが・・・

今回のNXTでの試合が一番華々しかったですね。

(以下、画像出典はWWEです。)


・現クルーザーウェイト王者


おもいきり
元 IWGP Jr. 王者
って書かれてます。

ほとんどタナボタでクルーザーウェイト王者になったKUSHIDAです。

丁度デビューしたばかりのイケメン二郎がいるデビジョンのボスですね。

リマッチということで、前王者サントスエスカバーとリマッチをしました。

みっつのうち2つ先に取った方が勝ち(two-out-of-three falls match)という形式で対戦が行われました。


・KUSHIDAが勝った


スープレックスのままフォール
→ 2-1 でKUSHIDAの勝ち。

こんな感じで↓KUSHDIAが勝ちました。

1.エスカバーが先取(the Phantom Driver →フォール)

2.KUSHIDAが勝利(腕十字)

3. スープレックスでKUSHIDAが勝つ(上掲画像)

エスカバーという選手ですが、ジャベとかする典型的なメキシカンレスラーです。

目立ったのは、今回の放送がKUSHIDAコールで終ったことです。

一方でクルーザーウェイトの底上げをねらいたいWWEと、ようやくプッシュの来たKUSHIDAというお互いの利益が調和したような感じでした。

クルーザーウェイトの王座戦がNXTのメインイベント(だったんですよ)で行われる、というんが昔ではかんがえられなかったので、或る意味、新鮮でした。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m