ひさびさのASUKAセグメント(2018/12/4 Smackdown)。

(「シャーロットの顔・・・」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

前回(2018/11/27)のSmackdownで突如行われたバトルロイヤルでTLC大会出場権を得たアスカ(ASUKA)選手ですが、今回(2018/12/4)、調印式という形でひさびさのセグメント出演になりました。

ちょっと見てみましょう。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ついに男になったベッキーリンチ。


I AM THE MAN

(アタイこそオトコ)。

ついに男を名乗り始めたベッキーリンチ(Becky Lynch)です。

会場支持率が非常に高い。

SurvivorSeries前のRAW襲撃でオトコをあげたとは、まさにこのことなのでしょう。

こんなことを言います。

ベッキーリンチ「TLC関係ないね。ワタシがここまで負った傷に比べれば。」

ベッキー「あんたらDOPE(マヌケ)なんて眼中ないよ。」

完全にキャラ振り切ってますね・・・。


・シャーロットのマイク。


少しずつふっ切れて来たシャーロット。

マイク下手、下手だと思っていたシャーロット(Charlotte)も、ベッキーリンチ相手だと締まったマイクしますね。

こんなこと言います。

シャーロット「ベッキー、あんた分かってないわね。アンタ、ナイアジャックスに1発KOだったじゃない。」

シャーロット「それに対し、私(わたくし)は、あのロンダラウジーをケンドースティックで一蹴(←反則だったじゃん)。」

・・・やはり、ちょっとズレているところは否めません。


・アスカのマイク。


なぜかこっちも緊張する。

ネイティブ2人+1(ペイジ)に囲まれ、じゅうぶんハードルが上がったところでアスカ(ASUKA)のマイクです。

はっきりいって見てるこっちもハラハラしました。

こんなこと言ってます。

アスカ「(割り込んで)ノーノ―ノー!!」

アスカ「アタイだったらロンダラウジー、素手で倒せたわよ。シャーロット。」

アスカ「んで、ベッキー。アンタ、私に勝ったことないじゃない。」


・シャーロットが食いつく。


ワタクシが貴女を、

終わらせてやるわ。

シャーロットの顔に注目。)

アスカの発言(ロンダラウジーに勝てる)に、シャーロットが食いつきます。

シャーロット「貴女忘れたの?」

シャーロットレッスルマニアで貴女の無敗記録を止めたのは、私(わたくし)よ。」

古傷に触れられたアスカがキレます。

アスカ「なんじゃコラ!」(日本語)

アスカ「おめ、二度も勝てると思うなよ、コラ!」(日本語)

・・・抱き合って祝福してたじゃん・・・。

・・・というわけで遺恨勃発。

次週、Smackdownでシャーロットvs.アスカ、再戦決定となりました。

・・・たぶん、TLCのトリプルスレットの均衡くずさないために、ノーコンテスト(DQ)になるんじゃないかな・・・。

とりあえず、楽しみにして待ちましょう。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m