Hell in a Cell 2018①:ベッキーリンチが戴冠。

(出典:WWE)

おはようございます、ヤマガタです。今年(2018年)のヘルインアセル(Hell in a Cell)大会が現地時間9月16日、テキサス州AT&Tセンターというキャパ18,000人くらいの所で開催されて「います」。

入りは、15,000人くらいのようです。やっぱりスゴイですね、WWE。

さて、現在進行中のヘルインアセル大会ですが、バックステージでブロックレスナーが確認されている模様。「恐らくレインズvs.ストローマンで介入するのではないか」と憶測が流れていますが、真相やいかに。

(以下、画像出典はWWEです。)


・第3試合:シャーロットvs.ベッキーリンチ


ベッキーリンチ

ヒールターン

@サマースラム!!

さて、本サイトではお伝え出来なかったサマースラムの女子トリプルスレット戦、最後部分を復習しておきましょう。

ベッキーリンチ(Becky Lynch)が勝ちそうなところをシャーロット(Charlotte)がナチュラルセレクションで「おいしいところ取り」して王座を奪取しました(この記事参照)。

それから盟友の抱擁・・・という感じで、シャーロットとベッキーリンチが仲直りする・・・と見せかけて、ベッキーリンチが衝撃のヒールターン!!(上掲画像)

まさにトマソチャンパとジョニーガルガノを彷彿とさせるフュード(抗争)勃発の瞬間で、観客を大いに盛り上がらせたのでした。


・ベッキーリンチが勝った。


やはりWWEは欧米人の帝国なのか。

試合は13分55秒でベッキーリンチがシャーロットを下し見事、二度目のSD(SmackDown)王者に輝いています。

あれっっっだけ連勝したアスカ(Asuka)選手がカメーラごときに苦労して獲れなかったWWEの王座を、どちらかというと脇役だったベッキーリンチがあっさりと勝ち取るなんて・・・ストーリラインは恐ろしいというか、欧米人しか看板になれないのがWWEなのか、というか・・・。


・試合はどうだった?


シャーロットのスピアに

合せてのカウンターの

丸め込み!!

試合は最後、ベッキーリンチがシャーロットのスピアに合わせて丸め込みをし、勝利をもぎとりました。

試合は・・・ですね、まず、私あんまりレスラーとしてのベッキーリンチ、買っていないんですよね。

いかにも女子的な動きするというか、ディスアームハーはロンダラウジーと被っているというか・・・。

やっぱり色気、テクニック、すべてにおいてシャーロットで女子ディビジョンはもっているんだろうな、という感じです。

でも、試合はベッキーリンチが勝ちました。

仲直りもありませんでした(下記画像)。

シャーロットが

仲直りの握手を求めるも

勝ち誇る

ベッキーリンチ。


・ここまでの試合結果。


どっちも悪魔かいな。

さて、ここまでの試合結果です。

第1試合:ニューデイがルセフデイに勝利(SDタッグ王座戦だけど前座)。

第2試合:ランディ―オートンがジェフハーディに勝利(ナカムラ選手登場なし)。

第3試合:ベッキーリンチがシャーロットに勝利(タイトルチェンジ!)。

第4試合:ドルフジグラーとドリューマッキンタイアがシールドを撃破(これはじっくり解説したい)。

第5試合:AJスタイルズがサモアジョーを撃破(まさしくAJの時代)。

・・・といったところです。残りは、

ミズ夫妻vs.ダニエルブライアン夫妻(トイレの時間かな)。

ロンダラウジーvs.アレクサブリス(アレクサじゃなかったらメインもあり得た)。

レインズvs.ストローマン(レスナー介入あるか?)。

・・・と言った感じです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m