2018年8月15日ムーディーズ南アフリカランド報告書。その1

(出典:Moody’s

こんばんは、品川です。おひさしぶりです。すみません、別の所で連載していたので、本サイトでずっと記事が書けませんでした。

さて、本サイト(ニュースオールズ)開設時の頃、高金利通貨トップ3として、南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソを紹介させてもらいましたが、あの頃と随分、光景も変わって来ましたね。

端的に言えば、ここまでトルコリラがトラブルメーカーだとは思っていませんでした。

政情不安のメキシコ(麻薬組織関係)。

金融財政めちゃくちゃなトルコリラ。

というわけで、やはり高金利通貨頼みの綱となるのは南アフリカランドのみ・・・と言いたいところですが、絶不調です。

ラマポーザ政権発足により、9円台固めるなんて余裕だと思っていたのですが、現在7円台半ば・・・。

いろいろ扱いたい話もあるのですが、直近で緊急の話題として、本連載では題名通り、話題となったムーディーズ(Moody’s)のレポート、読んでみたいと思います。

これから徐々に、放置してしまっていた南アフリカランド情報、補って行きたいと思います。

何卒お付き合いよろしくお願いいたします。


・2018年8月15日ムーディーズ南アフリカランド報告書。


ランド日足

8月13日の長い下ヒゲ

8月15日の太い下げ棒

注目してください。

(出典:外為どっとコム)

7円台半ばに暴落してしまった南アフリカランド(上掲画像)。

その原因は「トルコリラにつられてリスクオフが広がった(いつもリスクオフで犠牲になるのは高金利通貨だ)」と認識されていると思います。

確かに、上掲画像8月13日の長い下ヒゲなどは、その(トルコリラショック)の勢いで「窓を開けて」始まった週初めの取引を表しています。

しかし、上掲画像8月15日の長い下棒(ローソク足)は、南アフリカランド固有の原因を反映しています。

それが今回扱う問題、2018年8月15日ムーディーズ南アフリカランド報告書です。

ムーディーズ(Moody’s)と言えば、格付け会社の中で唯一、ランド支持(すこ~しだけですけど)をしていることで、ランド投資家には好感を持たれている格付け会社だったのですが・・・。(くわしくはこの記事この記事をご覧になってください。)


・最初にBloombergが報じた。


ムーディーズのレポート(報告書)問題を真っ先に取り上げたのは、Bloombergでした。

こんな風に言っています。

15日の外国為替市場で、南アフリカ共和国のランドが大幅下落。ムーディーズ・インベスター・サービスが同国経済に関して悲観的な見方を示したこと[・・・]が向かい風となった。

ランドは対ドルで一時3.4%安。

ムーディーズは予想よりも弱い経済成長や公共部門の賃金上昇を理由に、南アの財政再建ペースは政府予測より遅れるだろうと指摘した。

[・・・]ムーディーズが南アの外貨および現地通貨建て債券に付与している格付けは「Baa3」で、投資適格級で最も低い。格下げとなれば、同国の現地通貨建て債券は投資不適格(ジャンク)級になり、投資適格級の指数と連動するファンドが保有資産を売却するため、資本流出に拍車が掛かる可能性がある。

[・・・]ランドはヨハネスブルク時間午後5時16分までに対ドルで2.6%安の1ドル=14.6147ランド。月初来の下落率は9.2%と、ブルームバーグが追跡する新興国通貨ではトルコ・リラに次いで2番目の大きさ。

結局、ランドは7月から8月にかけて10%ちかく(9.2%)下落してしまいました。

本連載で扱いたいのは、こういった問題の一因となったムーディーズの報告書です。

一体、どんなことが書かれているのでしょうか。

一緒に読んでみましょう。

・・・・・

つづきます。