現在(2022/7/3)の円安について①:20年ぶりの円安

みどころは以下のとおり。

① 20年ぶりの円安。

② モメンタム(弾み)がついたのは露ウクライナ侵攻開始の2022年2月から3月にかけて。

③ 直近最高値は(2022年)6月29日につけた136.998円(USD/JPY)。

こんにちは、品川です。

現在の円安は、露ウクライナ侵攻によるコストプッシュインフレです。

参考:日本の視聴者のレベル低下問題(露ウクライナ侵攻によせて)=露ウクライナ侵攻開始時の本サイトの記事2022/2/4

参考:ベネズエラのインフレから新興国家の潜在的危機を学ぶ。=コストプッシュインフレーションについての説明あり

そうなんですが、かなり発言や解説が錯綜して来ているので、本連載でまとめてみたいとおもいます。


・20年ぶりの円安


本サイト人気記事
ドル/円が75円台だった頃を覚えていますか? その1
より。
現在の円安は大体、
世紀の変わり目1998年ごろの水準(150USD/JPY近く)。

そのとき(1998年)施行された改正為替法とは、
いわゆる金融ビッグバン(金融業自由化)と同一視してよいでしょう。
私はむしろ、アメリカで始まった”デイトレード元年(今PCでみなさんがやっている
FXやら株取引が認められた年)”=1997年と同一視しています。

さて、ニクソンショックに始まるという変動相場制開始(1971年)の文脈でいうと・・・

現在の円安水準(約137円=USD/JPY)は、ドル切り下げ(つまりは円高加速)=”ドル落下”でいう1998年あたりの水準になります(上掲画像)。

ようするに長い歴史の脈絡でみれば、まだまだ・・・なんですが・・・

これをどう捉えるか。

例の黒田発言から、市中の感覚をたどってみたいとおおもいます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m