ジェイホワイトがインターコンチ王者に(2019/9/22 Destruction In KOBE)

(「ジェイは内藤のこと
好きみたいです」
出典:NJPW)

こんばんは、ヤマガタです。

ジョンモクスリー離脱ジェリコAEW戴冠などにより、ふたたび国内に目を向けるようになった新日本プロレス・・・

・・・ふたたび内藤哲也、そしてジェイホワイト、また後藤洋央紀などオリジナルな選手を再発掘しているようです。

そんななか(2019年)9月22日おこなわれたDestruction In KOBE大会。

観客動員数も6,148人と満員だったみたいです(新日本プロレスHPより)。

たしかに、ひと目見て客入っている感じでした。

(以下、画像出典はNJPWです。)


・ジェイが勝った。


ブレードランナー
→フォール。

結果からいいうと、ジェイホワイトが勝ちました。

なんでこんな一気に結果に飛んだのかというと、あんまり試合が面白くなかったからです。

ジェイホワイトが、やはり一体どんな選手なのか、まだキャラ立ちしていない・・・という生煮え感がのこっています。

むっずかしい話だとおもうんですが・・・。

ジェイホワイトはもう、そういうトップレベル選手が直面するような、より高いハードルに直面しているのだとおもいます。

私として、ここで一旦、ROHなり、ImpactWrestlingに出て行ってもらいたい、とおもいます。

新日本プロレスとして、このままジェイにオメガの代わりになってもらいたいようですが・・・

・・・やはりまだ国際的な知名度がないのが、ジェイホワイトが盛り上がらない要因ではないでしょうか。

ちなみに、どこで読んだか忘れましたが、ImpactWrestlingは、ROH追い出して、NJPWと提携したいみたいです。


・二冠統一して全日本路線?


言い出しっぺは内藤・・・
と見せかけて飯伏幸太。
内藤的には、
東スポさん以来の話で、
こじつけてきそう。

ちなみに、おそらくは来年初の2連戦ドーム大会で、なのでしょうが、IWGPとインターコンチネンタルの統一戦が、ひとつのアングルとして組まれているようです。

最初にこの案を出したのは、飯伏幸太でした(G1優勝翌日の記者会見)。

それに当時インターコンチネンタル王者の内藤哲也がのっかった、というストーリーラインになります。

今回、ジェイホワイトがインターコンチネンタル獲りましたが、直後に、後藤洋央紀が出て来て、同じアングルでマイクをしました。

・・・たぶん、この路線で行くんでしょうね。

いつカードとか公表されるんだろう。

あとはやっぱりAEWとの提携どうなるか、興味ありますね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m