結論出ず(2021/12/7 NXT 2.o)

めちゃくちゃ引っ張られた。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

今回のNXT 2.oは、ジョニーガルガノの進退に注目が集まっていました。

契約的には、この記事あたりで一度話題になったのですが・・・

結論だけ述べると、ジョニーガルガノはWWEの契約を更新していません。

かといってAEWへの移籍を決めたわけでもありません。

今回、WWEがジョニーガルガノをハイプ(喧伝)していたので、おそらく昇格の発表じゃないか、って見方もあり↓私も注目していました。

参考:WWE NXT preview (Dec. 7, 2021): Graduation day


・そのまま話させた


登場曲もTheWayではなく、
元の入場曲で登場してきた。

大体、逐一チェックしたい場合にみる↓下記のサイトがあるのですが・・・

prowrestling.net

ショーの内容を↑ひたすら文字起こしする、という特異なサイトです(最近、広告がひどくなってきやので、訪問回数は減っています)。

それをみながら、次第に、私の気持ちは折れてゆきました。

ようするに、なにも起こらなかった、ということです。

どうやら、WWEはジョニーガルガノに、いまの気持ちを台本なしで、そのまま話させたみたいです。

ジョニーガルガノは↓こんなこと言いました。

① NXTのみんなには本当に感謝している。実をいうと、WWEのトライアウトを受けたとき、オレはNXTのリングにすらあげてもらえない、って言われていた。でも、みんなが”ジョニーレスリング”コールをしてくれたおかげで、ここまで来ることができたんだ・・・。

② でも、変化は起こるかも知れない(Change is scary, but sometimes it needs to happen. You’ll never fail if you bet on yourself.)

③ いまは2月に奥さんのキャンディスレラエが男の子を生むことで、頭がいっぱいだ。

②が、AEW移籍への示唆だと取られる一方で・・・

ジョニーガルガノは、一旦父親業のため、2月まで、プロレスを離れたい(③)・・・と語った、とメディア間では取られています。


・グレイソンウォラー


じつは身長190cmもある。
Cagematch参照)

グレイソンウォラー(Grayson Waller)って、覚えているでしょうか?

2o5Liveで、オーガストグレイ&アリーヤデバリのさよならマッチで、オーガストグレイを葬ったレスラーです(この記事)。

ジョニーガルガノのセグメントを、プロレスとしてまとめたのは彼(グレイソンウォーラー)でした。

しみったれたことやってんじゃねえ!みたいに飛び出してきて、ジョニーガルガノをボコりました。

これでジョニーガルガノ vs. グレイソンウォーラーの抗争に発展することはないでしょう。

ジョニーガルガノ自身の契約が切れるので・・・

やはり2o5Liveは、グレイソンウォーラーのような若手を中心に持って来たいみたいですね。


・ニックカーン


オマケですが、おそらくビンスマクマホンの後任は、シェーンマクマホンでも、ステファニーマクマホンでも、トリプルHでもなく・・・

ニックカーンだろう・・・とデイブメルツァーは↓みているみたいです。

参考:Rumor Roundup (Dec. 8, 2021): Vince McMahon’s replacement, Liv Morgan push, Kevin Owens, more!

ここ最近の大きな構造変革をみていると・・・さもありなん、という感じですね。

もしかしたら、マクマホン一族は追い出されるか、飾りの立場にされるんじゃないかな。

あとトリプルHが心臓病で影をひそめていることね。

もともとトリプルHは、NXTの責任者でしたから、自分がつくりあげたNXTを根本からひっくり返されたことを面白くない、と感じているのは当然で・・・

WWEからの離脱すらウワサされています。あくまでウワサです。

でも、これも、マクマホン一族が片隅に追いやられるのに連動して、さもありなん、という感じです。

リリースされたレスラーのコメント読むと、決まってトリプルHに感謝しています。

コワモテとは違い、レスラー目線のいいおやじさんのようです。

ただ、ヨシタツはトリプルHに嫌われた(レスリングスタイルが)ってのは、よく聞きますよね。

いろいろ話はあがってます。

機会があったら。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m