ヒデオイタミの205Liveデビュー(12月19日)。

(「RAWにも出ました」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。アメリカ時間12月19日(日本時間12月20日)、ヒデオイタミ(Hideo Itami)選手がついに205Liveに登場しました。

「ああ、こういう感じで売り出すのね」という感じでした。見てみれば分かると思います。

では早速、本編へ・・・。

詳しくは、WWEの動画を観るのが良いかも知れません。

http://www.wwe.com/videos/hideo-itami-vs-colin-delaney-wwe-205-live-dec-19-2017

以下、画像出典はすべてWWEです。


・アナウンサーが吠える!!


ヒデオが来るんだ、ヒデオがね!!

205Liveのアナウンサー陣は、ヒデオ選手の到来を十分に盛り上げてくれました。

向かって右が、ヴィックジョゼフ(Vic Joseph)氏。このひとは初めからアナウンサーだったみたいです。結構、この仕事が大変だと感じているみたいです。

左が、ナイジェルマクギネス(Nigel McGuinness)氏。NXTの解説者も務めています。

昔のマッギネス氏。

(出典:Wikipedia)

また元レスラーかい!!

ギャップがすごいな。

ROHのチャンピオンにまで成ったみたいです。


・入場曲は変わっていない。


あえてこの画像。

そして期待のなかヒデオ選手、205Liveデビューです。

入場曲も衣装も変わってませんね・・・。

2週間も待たせたんだからなんか変化つけろよ、と思ったのですが。


・ジョバー付きで売り出すの?


ジョバーのかた。

ヒデオ選手のデビュー戦ですが、意外だったのはジョバー(引き立て役)を使って強さを見せつける、というやり方が採られたことです。

古くはライバック、最近ではブラウンストローマンが、そのやり方で強さを観客に印象付けました。

WWEは、このやり方で「ヒデオ=205Live最強」のイメージを植え付けようとしているのでしょうか。


・試合時間は4分位でした。


バシ!

ドコ!!

カンカンカン!!!

(計4分)


・総括。


こんな感じで、ヒデオ選手のデビュー戦は、あっけないくらい簡単に終わってしまいました。

点数的には、100点中50点という感じです。

というのも、ヒデオコールも何も歓声は無く、いつもの205Liveの前座(正確には後座ですが)感たっぷりの試合だったからです。

しかし、この白けた雰囲気は、ヒデオ選手のせいという感じではありませんでした。

ヒデオ選手は、合間合間に「Respect Me!!」「Finish!!」など英語でアピールしていて、良かったです。前の仏頂面キャラより、ずっと良かったです。

でも、あれなんですよね。一度、固まった205Liveの白けムードは、どうにも動かしがたいんですよ。

今回の収録は、Smackdownから比較的、客が帰らずにたくさん居ました。でも、そのほとんどが家族連れじゃなかったのかな・・・。だから、ヒデオ選手を見ても「」という感じでした。

これがNXTなんかだったら、マイナーなファンが絶対、ヒデオコールで後押ししてくれたのでしょうが・・・。

期待の1回目がこれだったのだから、この先、試合ではない雰囲気作りのほうでかなりで苦戦しそうです、ヒデオ選手。

とにかく、がんばって欲しいです。

まずはベルト!

そして、205Liveを彼色(いろ)に染めるべきでしょう。

・・・あと、カラダもう少し絞ったほうがいいんじゃあ・・・。

それでは。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

ヒデオ選手の活躍に期待しましょう。