紫雷イオがタッグ王座陥落(2021/10/26 Halloween Havoc)

向かって左:ジジドリン、
向かって右:ジェイシージェーン。
ToxicAttractionのメンバー。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

2021/10/26, NXTはTV特番というかたちでHalloweenHavocを放送しました。

いいショーでしたね。

こういう期待していないショーの方が、みていて面白かったりします。

場所はキャピトルレスリングセンターで、無観客サクラでした。

(以下、画像出典はWWEです。)


・トリプルスレット


こんな感じで、
トリプルスレットのラダーマッチ。
まあ、
アクロバチックな動きが中心になり、
あんまりレスリング自体は
楽しめない形になります。

紫雷イオはゾイスタークと一緒に、タッグ王座戦ラダーマッチでトリプルスレットにのぞみました。

相手のひとつは、ToxicAttractionのふたりで、このふたりが新王者になります(トップ画像)。

もうひとつのタッグは、インディーハートウェル(Indi Hartwell) とペルシアピロッタ( Persia Pirotta発音よくわからん)。

純粋にジジドリンが実力でベルト取った、という感じでしたね。


・昇格はあるか?


このふたりは、
案外噛み合っている。

負けると嬉しい・・・というのがNXTなのですが、これで紫雷イオの昇格の確率が再び上昇しました。

懸念材料としては、ドラフト直後・・・ということなんですが・・・

ASUKAがフリーじゃないですか。

ASUKAとの抱き合わせ商法で、RAWで紹介されるか・・・

それとも、私の希望は、ゾイスタークとの凸凹コンビで、ふたりで昇格してもらいたいですね。

紫雷イオがハイフライヤーなので、相方がソリッドなストライカーだと、結構みていて飽きないんですよ。

ASUKAもストライカーなんですが、日本人組むと、やっぱりなんか内輪話みたいになっちゃうんですよね。

いずにせよ、近い内、どこかのメディアで紫雷イオ昇格の話は出るとおもいます。

ラケルゴンザレスもベルト落としたので、すこしNXTに動きがあるとおもうんですよね。

これについては、他サイトで。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m