ドラフト1日目(2021/10/1 SmackDown)

ヒットロー(Hit Row)
この場合 row は「列」じゃなくて、
同音異義語で「言い争い」って意味だとおもう。
quarrel とほぼ同義。
have a quarrel = make a row
みたいな感じ。
そこから派生して、
hit rowって、
口喧嘩とか大騒ぎの意味なんだろうけど・・・
掘り下げると、
なんか黒人への差別用語だったりするみたい。
よくわからん。
(参考:Urban Dictionary

こんにちは、ヤマガタです。

WWEは、ドラフトでした。RAWとSmackDownの選手入れ換えですね。

目玉は、NXTからトップ画像のHitRowが昇格したことでした(SmackDown)。

向かって左から・・・

B-FAB(女性メンバー)

Isaiah “Swerve” Scott

Ashante “Thee” Adonis

Top Dolla

結構、クルーザーウェイトというか2o5Liveブランドからの昇格組も多いみたいです。

で、彼らの歌うNow You Knowは↓こちらから聞けます。

Hit Row – Now You Know (Entrance Theme)

いや~・・・WWEの黒人への力の入れ方は、最近、すごいですね。

(画像出典はWWEです。)


・ドラフトの視点


パットマッカ―フィー(Pat McAFEE)
がSmackDownで果している役割がこれ。
ビジネスライクな解説席に、
クレイジーな雰囲気を持ち込んで、
ネットワーク(地上波)放送のFOXに、
お祭り気分を出している。
上掲画像は、
「やった!SmackDownにロマンレインズのこった!」
みたいにエキサイトしているところ。

・・・で、第1日目ですが、まだナカムラシンスケ、ASUKAのドラフトはありませんでした。

紫雷イオの昇格はないとみています(現在NXT女子タッグ王者)。

KUSHIDAもないでしょう。

イケメンもハチマンもないでしょう。

サリーもないでしょう。

Q.  RAWの女子部門どうするの?

Q. ロマンレインズのライバルは誰にするの?

あたりが気になったんですが・・・

まずブロックレスナーは、フリーエージェントとしてRAWとSmackDownどっちにも出るみたいですね。ただ、まあ、ポールヘイマン絡みで、しばらくSmackDownにいるでしょう(ロマンレインズはSmackDown残留)。

RAW女子部門は、シャーロットがSmackDownに移籍しましたね。で、ビアンカベレアがRAWに行きました。

あとはベッキーリンチの身の振り方で、ふたたびシャーロット vs. ベッキーリンチにするのか。

それともナイアジャックス絡めるのか・・・


・オースティンセオリー


ドラフトにマクマホン一族の姿はなかった。
向かって左、
アダムピアス(パース)
向かって右、
ソニヤデビル。
ソニヤデビルは、
なんかもうレスラーやんない、
みたいに言ってたのを、
どこかで読みました。

あと、NXTからオースティンセオリーが昇格しました。

じゃあ、TheWayってどうなったんですかね。

よくわかんないです。

あと、ニューデイ(ゼイビアウッズとコフィキングストン)はSmackDownに・・・

そしてビッグEはRAWに行くことになりましたので・・・

名実ともに、ビッグEはシングルプレイヤーになったわけですね。

これは今年初めからのウワサどおりでした。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m