ブレイワイアットつづき

この記事

こんにちは、ヤマガタです。

ブレイワイアットの解雇についてですが、いまのところ次の4つの記事ですかね・・・

PW Insider:MORE ON THE BRAY WYATT RELEASE

Sportskeeda:Big news on Bray Wyatt’s relationship with Vince McMahon revealed after WWE release – Reports

Sportskeeda:Reason why WWE released Bray Wyatt – Reports

WrestlingInc:Bray Wyatt Reacts To Final WWE Appearance


・まとめ


「直近でのブレイワイアットの出演から
彼がリリースされるなんて予想もつかないよな!」
という
他のひと(恐らく業界人)のツイートに対する、
ブレイワイアットの答え。
・・・・

「おっしゃっるとおり」
という意味でしょう。

いまのところ、ブレイワイアットからの動きは上掲画像のリプライ(返信)だけみたいです。

いろいろなところをみてわかるのは↓以下のとおり。

① ブレイワイアットがなにか問題を起こしたわけではない。

② 当然、リリース要請したわけでもない。

③ 純粋にBudgetCut(人件費削減)

④ ビンスマクマホンがフィーンド=悪鬼(Fiend)という”オモチャ”に飽きた、というのが理由のひとつ。

⑤ 他方で、Fiendギミックは、マーチャンダイズ(グッズ)売り上げ好評だったのに、それを切るとはなんたることか。


・ジョンロウリネイティス


2012年くらいまでレスラーとして活躍
参照:Wikipedia(英語)

今回のブレイアットの件で、特に外国メディア中心に、訪問者がバッシングしているのが、上掲画像のジョンロウリネイティス(John Laurinaitis)です。

WWEのレスラー人事トップですね。

レスラー人事といえば、Mark Carranoのクビが思いだされます・・・

で、このジョンロウリネイティスが、ブレイワイアットに解雇を伝えた当人だそうです。

そこから、ジョンロウリネイティスが黒幕だろう・・・というウワサが飛び交っているワケです。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m