紫雷イオがタッグ王者に!(2021/7/6 GreatAmericanBash)

突貫工事タッグだったが・・・
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

キャピトルレスリングセンターで(2021年)7月6日、TheGreatAmericanBashが開催されました。

ゾイスタークとの突貫工事タッグだった紫雷イオでしたが、あっさり王者になりましたね。

これで二冠。

NXTの顔となりました(紫雷イオが)。


・テイガン(テーガン)ノックス


膝のネタがずっと続いている
悲劇のヒロイン的な役柄。
(後ろの電池で”充電完了”が表現されている)

試合は、タッグ戦の経験値で勝る、王者組キャンディスレラエ&インディハートウェルが押していたんですけれども・・・

・・・試合の最後に会場が暗くなって、テイガンノックス(Tegan Nox)のリターンが告げられます(上掲画像)。

テイガン(テーガン)ノックスのヒザを悪化させたのは、ダコタカイという認識があったのですが(この記事)・・・

・・・なんかキャンディスレラエも、なんかやってたみたいですね。

このテーガンノックスのサプライズリターンで、やべ!という顔をしているキャンディスレラエが急襲され・・・

最後は、ゾイスタークが、K-360(Belly-to-Back GTSはWWEでこう呼ばれるみたいです)で、インディハートウェルから、フォールを取りました。

・・・いや~・・・ゾイスタークは、もっと出世しそうだな。

この動きはコールアップ(昇格)されても通用するよ・・・。


・トニーストーム


なんちゅう顔してんだ。

バイセクシャルやら、ジュースロビンソンやらで、話題に絶えないトニーストームも、バックステージインタビューで登場しました(上掲画像)。

或る意味、いまNXTで一番注目されてんじゃないんですか?

いろいろギャーギャー言ってたんですが・・・(私は最高、私は誰にも比べられないetc.etc…)

サリーに触れた件が興味ぶかかったです。

どうやらサリーが、トニーストームに挑戦表明しているらしい(NXTでそのセグメントがあったがどうかは不明)。

それに対して、トニーちゃん↓

トニーストーム「日本ではね、そういうの(サリー戦)もあってよかったかも。」

トニーストーム「でもNXTでは、もう立場が違うから。」

トニーストーム「相手してる暇はない。」

・・・というわけで、表向き却下でした。

でも、サリー vs. トニーストームは、近いうちに実現するとおもいます。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m