紫雷イオ組が王座挑戦権獲得(2021/6/29 NXT)

6-woman タッグマッチ
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

先週のつづきで、紫雷イオは、ゾイスタークと組んで、タッグマッチに挑みました(トップ画像)。

勝者は、来週の放送特番GreatAmericanBash(2021/7/6)で、キャンディスレラエ&インディハートウェルの女子王座に挑戦します。

(以下、画像出典はWWEです。)


・どんな試合だった?


身体の柔らかさを
出し惜しみしない師範。

或る意味、結果はみえみえの6-WOMANタッグマッチでした。

✔ ラケルゴンザレス二冠はちょっと考えられない。

✔ ショツィブラックハートは、もしかしたらNXTラストマッチかも。キャリオンクロスとその相方スカーレットボルドーと共に昇格が近いらしい。

ショツィブラックハートの昇格については↓Cagesideseatsがソースです。

参考:Rumor Roundup (June 29, 2021): Vince McMahon scouting WWE call-ups, Jungle Boy & Anna Jay, more!

ちなみに↑ジャングルボーイに、AEWがなにかストーリーあたえてプッシュしたみたいですね。


・紫雷イオ組が勝った


今日も今日とて、
ムーンサルト。

試合は・・・やっぱりゾイスタークがいい動きしてたかな。

イオさんには悪いけど、ゾイスタークの方が頼りがいある、というか、もう紫雷イオを喰うような動きしていました。

べつにゾイスターク自身が目立ちたがりだった、というわけではありません。

動きのキレが6人のなかで、ズバ抜けていた、ということですね。

バックスピンにせよ、なんにせよ、きちんとしたアクションになっていました。

こりゃ、ゾイスターク早めに昇格かな。

昇格して、シェイナバズラーと合流かな。

なんかアナウンサーの解説によると、総合格闘技のバックグラウンドがあるみたいです(ゾイスタークが・・・)。

・・・というけで、キメは紫雷イオがとりましたが、ゾイスタークの素晴らしい動きで、ふたりがGreatAmericanBash出場を決めました。

めでたしめでたし。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m