カマル vs. マスヴィダル(UFC 261)

(出典:UFC
以下、おなじ)

こんばんは、ヤマガタです。

(現地時間)2021年4月24日、フロリダ州ジャクソンヴィルのバイスター・ベテランズ・メモリアル・アリーナ(キャパ15,000人)で、UFC261が開催されました。

メインはウェルター王座戦、王者カマルウスマン(Kamaru Usman)vs. ホルヘマスヴィダル(Jorge Masvidal)でした。


・マスクしないで大歓声


15,269人
超満員。

今回のUFC注目していたのは、コロナワクチン接種後のアメリカ初のフル動員興行だった、ってことです。

・・・でも、行きますか?

アメリカ人の答えは、行きます!でした。

新日本の興行みたいに、観客拍手だけ・・・とかじゃなくて、マスク思い切りとって大声で応援していましたね。

レッスルマニアより、こっちの方がインパクトありました。


・ウスマンが防衛


Big Right Hand !!

試合は、雰囲気的に挑戦者マスダヴィルの方が押していて、観客もマスダヴィル(フロリダ州出身=ホーム)を思い切り応援していたんですけど・・・

ナイジェリアのウスマンが、2R開始1分後、見ないでふり回すタイプの右フックで、マスダヴィルを完全にとらえ・・・そのままパウンドKO(上掲画像)。

興行が興行だけに、おたがい判定は許されない暗黙の了解があったのですが、期待通りの衝撃の結末でした。

これはいい試合だった。

UFCは完全に戻りましたね。

たぶん、ほかのポロモーションは、まだコロナに二の足踏んでいる・・・そんな感じなんでしょう。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m