トザワのWWE戴冠はなぜ話題に成らなかったか?その7

(画像出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

AKIRA TOZAWA戸澤陽トザワアキラアキラトザワ・・・いろいろなリングネームを持つトザワ(TOZAWA)選手について連載をさせて頂いています。


(解説:主人公が yazawa)

あんまり好きな漫画じゃなかったなあ・・・。

!? おまえ・・・ほんとうに ’勝てる’ のか?」みたいなセリフを連発する漫画です。

それでは、前回から続けましょう。

連載第7回目です(以下、画像出典はすべてWWEです)。


・前半、ネヴィル優勢!


ネヴィル「決まった・・・」

ワン、ツー・・・!

返した!!

トザワ「はうっ!」

ネヴィル「決まったろが!ああ!!?」

審判「仕方ないだろ!会社の決定なんだから!!」

ネヴィル「もういいや、こいつ折ったろ。」

トザワ「ぐぎぎぎぎぎぎぎぎぎ!!」

このように試合序盤は、ネヴィル選手が優勢に進めました。いや~、いい選手だ。ネヴィル、ドラゴンゲートあたりで復活してくれないかなあ。ああ、もしかしたら新日マットに・・・(ドキドキ)。


・トザワ選手のトペ!


試合中盤!

トザワ選手のトペ・スイシーダ!

さすがドラゲー出身!

スチャッ!

すぐに起き上がって・・・

リングにリターン!

ネヴィルはまだ倒れている!!

チャンス!

助走をつけて・・・

二発目のトペ!!

トザワ「ネヴィル大好き!!

ネヴィル「…!(不思議な気持ち)


・決まったか!?


リングに戻してフォール!

ワン、ツー…

勝ったか!?

ネヴィル返す!!


・さりげなく好試合。


こんな感じで15分枠でも非常に高密度な試合が展開されて行きます。

独りレスリングオブザーバーをさせてもらえるなら、2017年TLC(テーブルラダーチェアー)大会の「AJスタイルズ vs フィンバラ―(※)」より高得点です。★×4.3くらいあげたい。

(※「フィン”ベイラー”」ってのが正式みたいですけれど、調子が狂うので「ベラー」で行きます。)

だって、フィンバラ―どっか痛めてすぐイタイイタイ言い始めるじゃん・・・。アンタ、やっぱりクルーザーウェイトなんだって。皮下脂肪なさすぎなんだよ・・・。

そんなこんなで、ネヴィルの見納めトザワの歴史的瞬間が近づいて行きます!

以下、次回!(←またかよ)