早くも飽きられたか?(2021/8/3 NXT)

非常に危険な扱いにみえたが・・・
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

2o5 Live所属のイケメン二郎が、NXTに出演しました。

これだけ聞くと、めでたい話なのですが・・・

なんか、今回の扱いみるにつけ、ちょっと、いやかなり危険な感じがしました・・・

(以下、画像出典はWWEです。)


・Ridge Holland


イギリス人。
185cmとWWEのなかでは、
そんなに大きくない方。
でも少しデブっている位に
筋骨隆々。

メディアで、すこし話題になっていたことですが、リッジホーランド(Ridge Holland)が9~10カ月ぶりにケガから復帰しました。

参考:RIDGE HOLLAND RETURNS TO WWE NXT

今回、イケメン二郎は、このリッジホーランドの引き立て役として、NXTに出演したのでした。


・負けた(イケメン二郎が)


エメラルドフロウジョン
(Emerald Flowsion)!?

よくわからないですが、
一応リッジホーランドのフィニッシャーにあるみたい。
エメラルドフュージョンってのもあるの?
ちょっとNOAH信者じゃないから、わからない。

問題は、本試合、ジョバー中のジョバーとしてイケメン二郎は扱われた、ということです。

これは2o5Live登場当初からのイケメン二郎の比較的好待遇から考えると、かなり意外でした。

入場シーンもナシ。

まったくリッジホーランドに反撃できないまま、ジャケットも引っぺがされ・・・

エメラルドフロージョン(?)→フォール。

負けた後、ジャマなので、リングの外に放り投げられていました。

・・・たとえば、ナカムラシンスケだったら、こんな扱いは絶対、ないですよね。

トザワの、もっと悪いバージョンみたいな扱いでした。

なんか、もう上層部から見限られているんじゃないか、と心配になるような試合でした。

ブレイワイアットをはじめ、最近異様な切られ方されるレスラーが多いので・・・

・・・このままイケメン二郎、登場機会がなくなって、リリース・・・

・・・なんて結末もあるんじゃないか、と少し不安になる試合でした。

ちょっと注意して追った方がよいでしょうね。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m