グレイテストロイヤルランブル、いまいちだったかも・・・。

(「キングアブドゥラスポーツシティ」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。現地時間(2018年)4月27日グレイテストロイヤルランブル、終了しました。

・・・どうだったでしょうか?

「男子全王座戦やる」と言っておきながら、やっつけ仕事みたいな試合ばかりで、プロレス通から見ると「いまいち」だったかも知れません。

でも、遠くアラビア半島の地で試合やっている、っていう雰囲気は悪くありませんでした。

見ていて楽しかったのは、それだけかな・・・。

(以下、出典はWWEです。)


・AJ vs. ナカムラ戦ですが・・・。


後半、場外戦に入る。

このまま終了。

期待度大だったAJ vs.ナカムラ戦でしたが、なんかマンネリっぽい感じでした。

後半、場外戦に入りAJがナカムラ選手を引きずり回してボコボコにしている間に10カウント入り、試合終了・・・(上掲画像)。

WWEって、場外10カウントなんですね。

ちょっと気づいた点まとめます。

① 新入場曲Shadows of a Setting Sun)に対しナカムラ選手、かなり合わせづらそうでした。もしかしたら曲チェンジになるかも。

② 正直、ナカムラ選手、ヒールに成って何が変わったのか分かりません。試合中ローブローするだけしか違いが無く、これではヒールターンの意味が分かりません。

③ このカード、マンネリ化して来ましたね。3WAYにするべきだと思う。でも、ベビー vs.ヒールの構図ができてしまったから、第3者入れにくい。どうする?

観客は、それなりに歓声送ってましたけど、結末は理解していませんでした。


・スチールケージもやっつけ仕事みたいな結末。


スピア!

場外に落ちる!

レスナーが先!

だからレスナーの勝ち!

今度こそレインズが取ると思ったユニバーサル王座戦ですが、スチールケージマッチって、先に脱出したほうが勝ちになるんですね。

なんだその運動会みたいなルールは・・・。

で、今回は最後レインズが押してたんですけど、押しの力あまってスピアでスチールケージを突き破って場外へ(上掲画像)。

これにより「レスナーが先に脱出した」ということになって、レスナータイトル防衛になったみたいです。

試合時間は、ほんの9分ちょっとでした。

カップラーメンも食えんよ。


・ヒロキスミは追跡すべきか・・・?


ヒデオ氏とか自宅で見ていて、

「ザケんな!」とか

叫んでそう・・・。

お相撲さんのヒロキスミは、単発参加じゃないのでしょうか?

マークヘンリーに相撲をふっかけて、46秒で消されています。


・まあ、楽しそうだったから良しとしましょう。


サウジアラビア、

国歌斉唱中。

こんな感じで「せわしくやっつけ仕事した」という感じのグレイテストロイヤルランブルでした。

規模的にも内容的にも、レッスルマニアの10分の1くらいの感動でしたけれども、なんか、サウジアラビアの人々と友好関係結んでいる感じが良かったので、それでオーケーとします。

あとは無いかな。

2回目やるんだったら、ちゃんとPPVに組み込んで、じっくりストーリーを練って欲しいと思います。

すぐ次、バックラッシュでしょ?

やりすぎだよ。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

なんか深夜にWWE見るのは、楽しかったです。

では。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m