Double or Nothing②:CIMAの試合。

(「逆にいなかったらどうか」
出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

Double or Nothingみています。

まずは第1試合目の、CIMA率いるドラゲー離脱群vs. SCUです。

(以下、画像出典はAEWです。)


・OWE代表。


CIMA、T-Hawk、エルリンダマン。
たぶんお客さんは、
中国人だとおもっている。

CIMAは早いうちからAEWに顔を出していたのですけれども、OWEの人間としてだったし、なぜかドラゴンゲートに触れるのが厳禁みたいな雰囲気があったので、あんまり日本でも話題になりませんでした。

でも今回、しっかり試合をしました。

ここからみたひと、CIMA何者かわからないでしょうね。


・負けた(CIMA軍が)。


the Best Meltzer Driver Ever!!
(犠牲者は案の定、エルリンダマン)
→ フォール。

試合は、ですね・・・いろいろ言いたいことがあるのですけれども、この試合だけをみれば、目を奪われたのはSCUの方でした。

SCU、このまえ記事にしたスキン×3のユニットです。

動きがキビキビしていてプロい。

で、AEWという団体の雰囲気そのものをいえば、完全に新日本の海外興行ですね。ライトの具合とか、そっくりです。

だから、うわ~アンブローズとかいいから、ここにナカムラシンスケいたら、一発でAEWみまくるのにな・・・とおもいました。

どうみてもナカムラシンスケ、こっち向きですね。

そうかんがえると、逆にCIMAたちが先乗りしていたのが、変な逆効果を生み出していたのかな、とも勘ぐってしまいます。

あと、ヒデオイタミは正直、AEW行きたいんじゃないかな。

殺伐とした感じが、日本人レスラー向けです。

ただ、どうマイクからんでくるのかな、バックステージとかあるのかな・・・といったところがまだ不明確なので、本当に日本人レスラー向けなのか判断しかねています。

とりあえず第1試合みました。

新日本でした。

もうすこしみてみます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m