マイクタイソン vs. ロイジョーンズ Jr.

(「無観客試合でした」
出典:Triller, 以下おなじ。)

こんにちは、ヤマガタです。

現地時間(2020年)11月28日、復帰戦とは言いませんが、マイクタイソンが、試合を行いました。

エキシビジョンマッチで、相手もボクシング界のレジェンド、ロイジョーンズJr. でした。

試合の背景は、前回記事に譲ります。


・いい試合だった。


8ラウンド制
1ラウンド=2分

8ラウンド制で、1ラウンド2分、という変則的な試合でした。

外見的な肉体の衰えはあったものの、見世物的なものではなく、真剣勝負でした。

私はタイソンの方が動いている、という印象だったのですけれども(ロイジョーンズは、なんか逃げている・・・というか、そういうボクシングスタイルなの?)・・・

結果は↓ドローでした。

The WBC celebrity judging panel scored the fight:

Chad Dawson: 76-76, draw

Christy Martin: 79-73, Tyson

Vinny Pazienza: 80-76, Jones

参考:Mike Tyson and Roy Jones Jr fight result ruled a draw in controversial judges decision

問題を呼び起こす(controversial)ほどの判定では、なかったけどなあ・・・


・マウロラナーロ


social distancing実践中。

べつに試合は、真剣な勝ち負けを競っている・・・という雰囲気ではありませんでした。

タイソンは真剣でしたが(”もっと”かかって来い!”みたいに言っていた)。

ただ、解説陣が・・・

Mauro Ranallo,

UFC middleweight champion Israel Adesanya,

“Sugar” Ray Leonard,

Snoop Dogg

たぶん、レナードでしょうか?けっこう、お笑いみたいな雰囲気で、和気あいあいと解説していました。

なので、ちょっとリングの雰囲気と噛み合わなかったのかな。

マウロラナーロは、NXTを止めてから、はじめて公の場で見ました。

これは、前日かそのあたりの緊急代役(Al Bernsteinというアナウンサーの)だったみたいです。

参考:DAILY UPDATE: TALKING SMACK, SMACKDOWN NOTES, CHRIS HERO

タイソンは、まだまだ試合やりたいぜ!みたいなことを、試合後、アナウンサーに語っていました。

ロイジョーンズは、家族に相談するよ・・・みたいな感じでした。

タイソンの試合は、またあるでしょうね。

カネ稼ぐと言うより、社会貢献の一環としてやっているみたい。

ずいぶん、考え方変わったんでしょうね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m