WrestleMania36⑩:シャーロットがNXT王者に!

(「女子の支柱です」
出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

レッスルマニア36ですが、注目されたリアリプリーvs.シャーロットは、シャーロットが勝利し、NXT女子王者になりました。

・・・じゃあ、しばらくシャーロットは、NXTの視聴者稼ぎに派遣されるんですかね。

(以下、画像出典はWWEです。)


・いい試合だった


新コスチュームで
女王様度がアップ。

正直、これが一番ひきこまれた試合だったかな、という感じです。

ドリューマッキンタイアvs.レスナーも悪くなかったんですが、やっぱり最後なんか、地味でした。

ネット上では、アンダーテイカーの試合が一番高評価のようです(試合が似ていたマットハーディにまで話が飛び火している)。

・・・で、リアリプリーです(上掲画像)。

うん、ASUKAには悪いけど(おととしのレッスルマニアでシャーロットと対戦)、シャーロットのライバルは、リアリプリーだわ・・・

・・・と確信した1戦でした。

理由はですね、やっぱりタッパ(身長)です。

リアリプリーも、そんなに大きくないんですけどね(170cmそこそこ)。


・勝った(シャーロットが)


フィギュアエイト
(八の字固め)!!

リアリプリーは、あとは技術でしょうね。

ブロウラー(殴るのが攻撃の主体)のわりには、イマイチ切れがなく、ふにゃふにゃパンチ、キックなので、そこ改善してほしいです。

・・・というか、それやらせればASUKA師匠の右にでるひとはいないとおもいます。

シャーロットは、すばらしいです。

そんなん私が言うまでもないですが。

Cagematchで7.91とそんなにふるわないシャーロットですが、やはり、このひとが女子プロレスのトップだとおもいます。

ものすんごく屋台骨支えている感じのひとです。

リスペクトしまくりです。

そんな敬意の対象、シャーロットが、またしてもNXTを支えるという大役を任され、今回王座に輝きました。

でもRAWも出させられるんでしょう。

働きすぎの気もするが。

ゆっくり休んでください。

あ、試合は、最後シャーロットが、フィギュアエイトで、リアリプリーからギブアップ勝ちをおさめました(上掲画像)。

リアリプリーもサブミッションとか、新しい顔を見せ始めましたけれども、まずはリプタイド以外、ブロウラー(ブロウリング)をしっかりマスターしてほしいです。

ずぶんえらそうだな、おれ。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m