来週もうシャーロット戦(2020/4/29 NXT)

(「イオさんのプレゼンは、
こちらから」
出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

ラダーマッチを制して、シャーロットのNXT王座挑戦権を獲得した(ブルーフケースは何か意味合ったの?)紫雷イオですが・・・

・・・なんだか、あっさり来週、ガラガラNXTでやるみたいですね。

(以下、画像出典はNXTです。)


・シャーロットvs.ミアイム


フィギュアエイト!!
(八の字固め)

今回NXTでは、その紫雷イオ vs. シャーロットの頂上対決(リアリプリーは何かしらないがお休み中)に向け・・・

ミアイムがシャーロットに挑みました(ノンタイトル)。

ミアイム、いい選手なんですけどね。

すんごくいい選手というほどでもないです。

ちょうどキャンディスレラエくらいの存在感の選手。

ジャンプのマンガでいえば、ボスキャラの強さを引きだすのにうってつけ・・・みたいな位置づけです。

ただプロレスだと現実なので、やっぱり表現しにくいです。

そんなこんなで、な~んか動きがジャイアント馬場みたいになってきた、手足なっがい、身長たっかい、シャーロットが・・・

・・・いちいち重い攻撃でミアイムを圧倒し、最後はフィギュアエイトでギブアップを奪っています(上掲画像)。


・紫雷イオ登場


ちょっとスベった感があった。

で、颯爽と花道をひきあげようとするシャーロットに・・・

ででででででで♪で~ん♪で~ん♪って音楽がなります。

紫雷イオが登場します。

日本語でガナり立てるんですが、気にしてないひとはASUKAだとおもったかも知れません。

最後、

紫雷イオ「オマエはワタシのものだ!You’re mine!」

と、なぜか愛の告白をして、この場面はおしまい。

シャーロットは、ちょっと顔を強張(こわば)らせて、去って行きました。

う~ん、イイ感じでズレてますね。

個人的には、こっちの紫雷イオのほうが好きなのですが、日本では元の基本ベビーのほうが「らしい」とおもっておられる方多数のようです。

そんな感じです。

流れ的に、来週、完全決着ではなくDQ(無効試合)判定で、シャーロットが防衛するような気がしています。

・・・たぶん、イオさん、反則するんじゃないかな。

あるいは、リアリプリーか、ヒールターンしたキャンディスレラエ(なんか髪の毛紫色になってました)が・・・

・・・勝手にシャーロットを襲撃して、紫雷イオの負けになるような気がします。

みなさんは、どうお考えでしょうか。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m