内藤哲也インタビュー

(出典:NJPWここ

こんばんは、ヤマガタです。

コロナウイルス非常事態宣言で、日本らしい控えめさで、なんにもしていないNJPW。

ほとんど海外のひとには忘れ去られたであろう二冠王者、内藤哲也が、ようやくなんかしました。

やったのは、上掲画像の新日本プロレスサイト英語版でのインタビューです。

タイトルは・・・

二冠なんだけど休養中の内藤哲也

Tetsuya Naito: Double Champ’s Down-Time

です。


・WrestlingObserver


この内藤哲也の動きですが、新日本で食っているといっても過言ではないWrestlingObserverが反応しています。

参考:DAILY UPDATE: WWE NOTES, HEATH SLATER, TETSUYA NAITO

注目されたのは、ここですね。

二冠王者の内藤は、IWGPとIC(インターコンチネンタル)、両方かけるのはイヤみたい。

While speaking with NJPW’s website, IWGP Heavyweight and IWGP Intercontinental Champion Tetsuya Naito discussed only wanting to defend one title at a time: “If every defence I have is going to be for both titles, then what’s the point of having two titles? Why not unify them at that point? Maybe that’s a conversation that we have, but for the time being there are two titles, so why not use them both? I think it should be fine to defend one title belt at a time.”

・・・新日本のサイトみて、そんなこと言ってたっけ?とおもい二度読みしたんですけれども・・・

内藤の発言は、オカダカズチカが、オレはIWGPしかほしくないから、インターコンチネンタルはどうでもいい!べつのインタビュー(英語)で言ったことに対する、(内藤の)応答でした。

私には、上の発言、むしろ内藤が、IWGPとインターコンチネンタルを統一したがっている、つまりインターコンチネンタル投げつけていたころからのつづきで、インターコンチネンタルの廃止をを言っているように読めました。

めんどうくさいですけれども、英語なんとか大丈夫な方は、直接お読みください。

オカダカズチカの写真がある部分のインタビューです。


・飯伏かっこわるい


内藤哲也のインタビュー、他の部分ですが・・・

まず、飯伏幸太が、WK14で、内藤が二冠奪取したことに対し、なに横取りしてんだコノヤロー、おまえなんにも権利らしい権利なかったじゃねえか、と言ったこと(英語インタビュー)に対し・・・

内藤「オメー、WK14で2連敗した分際で、かっこわるすぎるぞ。」

・・・とバッサリ。


・マス棚橋は切らない


で、その流れで、最近タッグ王者になったらしい棚橋弘至と飯伏幸太のGolden ☆ Ace(っていうんですか?)に言及します。

あくまで棚橋弘至はケナさず、飯伏を叩いていました。

内藤「オメー(飯伏)、棚橋の影に隠れまくりだな。」

・・・と言ってました。


・ゴールはおれが決める。


あと高橋ヒロムとの、延期された、二冠戦(になるのかな?)について、熱い思いをのべてますが、省略。

のこりは、ビジネス誌顔負けの”デキる男、内藤”の写真とともに・・・

内藤「①新日本で活躍する、②IWGPチャンプになる、③ドームのメインに立つ・・・しかも④歴史上初の二冠王者・・・」

内藤「みんな達成したようにみえるが、それがゴールかどうかは、オレ以外の誰かが決めることじゃない・・・!」

・・・と内藤社長、今後のビジョンを(不)明確にしてくれました。

どうでもいいけど、Twitterでスペイン語練習する(ような発言しかしない)のはやめてくれ。

私が内藤哲也にいいたいのは、それだけです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m