ひさびさのトザワ(2020/4/15 NXT)

(「じつに、ひさびさ」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

まだ記事化していなかった2020/4/15のNXTです。

(以下、画像出典はWWEです。)


・クルーザーウェイトトーナメント


グループAとグループBで総当たり戦。
勝ち抜けた代表者同士で対決。
いかにもトリプルHが好きそうな
ストーリーライン。
なんといっても
ドレイクマーベリック(解雇決定済)
が参加しているのが
涙なしには、直視できない。

205Live自体は別個に放送されているんですけれども、なぜか、肝心のクルーザーウェイト王者をNXTで決めることになりました。

厳密には、暫定(インタリムinterim)の王者です。

これは現王者ジョーダンデブリンが、現在のコロナウイルスパンデミックで、WWEのところに来れないから・・・ということ。

ちなみにジョーダンデブリンは、イギリスにいます。

で、その暫定王者決定戦にしては激しすぎる総当たり戦ですが、KUSHIDAとトザワが、参加しています。

ただ、グループが別なので、直接対決は、なさそうですね・・・。


・対イザヤ・スウェーブ・スコット


イザヤ(アイゼア)
・スウェーブ・スコット

トザワの相手は、イザヤスコットという黒人選手でした。

試合は、ほとんどイザヤスコット優勢という感じですすんでゆきました。

トザワは小さいので(本人申告で170cm)、外人選手に、イイ感じでブン投げられます。


・勝った(トザワが)


セントーン!!

こりゃイザヤスコットが勝つかな・・・

・・・とおもいながらみていたのですが、最後はトザワは逆転勝利しました。

セントーン→スリーカウント(上掲画像)。

★★☆☆☆みたいな試合でした。

Bグループは、ジャックギャラハーじゃないかな・・・(すごく評価たかいんですよ)。

Aグループは、トニーニースはもう、クルーザーウェイトでは存在感ありすぎなので、KUSHIDAに勝ち抜いてもらいたいとおもいます。

で、KUSHIDA初戴冠で、いいんじゃないでしょうか。

ジャパニーズセンセーション、そろそろ脚光あびてもいいとおもう。

ぜんぜんアングル与えられてないですからね。

そろそろKUSHIDAにも、何者かになってもらいたいです。

それにしても、面白くなかったけど(←おい)、トザワの試合、あぶないムーブ多かったなあ~~~・・・

ケガしていないといいですが。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m