WrestleMania36⑨:エッジが勝利

(「中年男性の星やね」
出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

おそらくは、一番期待されていただろう、エッジvs.ランディ―オートンの試合です。

あ、レッスルマニア36の話しています。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ラストマンスタンディングマッチ


オートンが
花道から入らず
エッジの背後から
奇襲攻撃でRKO!

ラストスタンディングマッチという、ようするに、どっかで相手ノックアウトして、10カウントとったほうが勝ち!

・・・という試合形式でおこなわれました。

ふたりの馴初め(なれそめ)は、こちらの記事から、どうぞ。←この記事書いていた頃には、いまみたいな地味~なレッスルマニアなんて、だれも想像していませんでしたよね。

・・・で、試合は上掲画像のように、リング脇から出てきたランディ―オートンの先制攻撃ではじまりました。

・・・しっかしオートンでけーな・・・

実物ハンパないんでしょうね。

顔デカい、腕デカい、足デカい・・・で、それぞれ日本人ひとり分ありそう。


・案の定の展開


案の定、
パフォーマンスセンターの器具をつかって
傷つけあう展開に。
かなり危ない。
うしろに本会場がみえますね。

試合展開は予想通りで、パフォーマンスセンターのなかを、ふたりで小突き合いながら、行ったり来たりしていました。

最初、これが今年の無観客試合の正解なのかな・・・とおもいながら好意的にみていたのですが・・・

・・・時間が経つにつれ、飽きて来ましたね。


・勝った(エッジが)


最後、トラックのうえで、
エッジがオートンを
イスで叩き
10カウント!

ゴンゴンやりながら、汗ダラダラで行ったり来たり・・・

・・・もうええわ、とおもっているうち、最後ふたりで、トラックにのぼります。

全体的に危ない感じは否めなかったです。

で、最後、エッジがパイプ椅子でオートンを叩き、ノックアウト勝ち(上掲画像)。

エッジの実質的復帰戦だったのですが、ただの殴り合いにおわったのは、残念といえば残念です。

つぎに期待しましょう。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m