ASUKA王座防衛?(2020/7/19 Extreme Rules)

(「カイリセインも同伴」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

現地時間2020/7/19日曜日、The Horror Show at Extreme Rulesが、WWEパフォーマンスセンターで行われました。

・・・まあ、コロナ禍で、これだけのショーみせてくれるもんだから、正直ありがたいです。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ASUKA vs. サシャバンクス


けっこう、サシャバンクスが押す展開に・・・

ASUKAは結構ながい抗争のつづきとして、サシャバンクスとRAW女子王座をかけて戦いました。

一応、紫雷イオのときASUKAが介入した、という因縁もあります。ちなみに、このふたりの邂逅は、その後、とりたててストーリーが発展していません。

で、試合ですが、結構サシャバンクスが押す展開でした。

サシャバンクスって、やっぱりいい選手なのかな・・・とおもってました。

CIMAのメテオラするんですよ、サシャバンクス。

いつか画像アップしたいとおもいます。

けっこう頻繁にやります。


・グリーンミスト誤爆


サシャバンクスがサッとよけて
レフェリーにブー!!

試合は、終盤にかけて、ベイリーが介入するようになり、荒れた展開に・・・

最後、ASUKAがレフェリーに誤爆します(上掲画像)。

その後、ベイリーがベルトで(←いつもおもうんですけど、そんなに凶器なんですかね)ASUKAをブッ叩いて・・・

サシャバンクスにASUKAをフォールさせます。

でも、レフェリーは、ASUKAのグリーンミストでグロッキー。

しようがないから、ベイリーが、レフェリーの服を脱がせて、じぶんで着て、ワタシがこれからレフェリーです、となりました。

そんなレフェリーのベイリーが、スリーカウントとって、サシャバンクスが、ASUKAに勝ちました。


・そんなわきゃない。


サシャバンクスを祝福するベイリー。

・・・という結末だったんですが、ASUKAは王座から陥落したんでしょうか?

一応、WWE.COMでは、まだASUKAがベルト持ってますし・・・

また新王者になった(なったんですよ)、ナカムラシンスケ&セザーロのところは、ちゃんと更新されていますので・・・

たぶん、本試合はノーコンテストだとおもいます。

・・・ここから、なにかストーリーが動くのかな?

予想されるのは、ベイリーとサシャバンクスの仲間割れなんですが、まだ遠いのでしょうか。

一応、カブキウォーリアーズは、ベイリーとサシャバンクスあっての結束なので、そこは崩れてほしくない。

とりあえず、RAWで、どう説明されるか、みてみましょう。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m