レッスルマニア試合決定(2020/3/30 RAW)

(「じつはカイリセインが初出場快挙」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

土曜日(現地時間では金曜日)、なんでASUKAがブランド飛び越えてでもSmackDownでアレクサブリスに、わざわざ負けに来たのか、これではっきりしましたね。

レッスルマニアでの、女子タッグ王座戦を御膳立てするためだったわけです(トップ画像)。

結局、アレクサブリス、ニッキークロス、ASUKAで、この王座戦アングルはつくられました。

カイリセインは、なんもしてないですね。

やっぱり結納的なことで忙しく、日本にいたのでしょうか。

(以下、画像出典はWWEです。)


・スカッシュマッチ


ケイデンカーター(Kayden Carter)。
まえ紫雷イオと試合していました。
こういうことがあるから、
コツコツ、知らないひとは
チェックしておくことが必要。

今回、ASUKAは、ほぼレッスルマニアのプロモをひとりでこなすため、参上しました。

いちおう、アレクサブリスとニッキークロスは、SmackDown所属なので、RAWには登場しません。

んで、ASUKAの相手はケイデンカーターでした(上掲画像)。

スポット参戦のジョバーさんではないので、スカッシュマッチと呼ぶのが適切でしょう。

それなりにケイデンカーターにも攻め込まれたのち・・・

・・・最後はASUKAロックで、ASUKAが勝ちました。


・プロモ


試合後、
解説席で
ニッキークロスとアレクサブリスを
怒鳴りつけているASUKA師匠。
「・・・」といった感じでみつめる
男性アナウンサー陣。

今回は、ASUKA師匠、ひとりで試合からプロモ全部こなし・・・

・・・文字どおり、強引にレッスルマニアの抗争を突貫工事で終らせました。

カイリセインは、まったくいませんでした。

・・・これで、収録レッスルマニア、なにするんですかね。

・・・・・

ちなみに、WWEは、ようやくガラガラやばいぞ、というのに気づき始めたみたいで、なんかテレワークみたいにして観客映し出す(!!)みたいなことかんがえているみたいです。

参考:Rumor Roundup (Mar. 31, 2020): WrestleMania length, PPV price, WWE plans for future empty arena shows, more!

・・・まあ、そういうYouTubeいっぱいありますわな。

Let’sWatch!ってやつですよね。

私あれ、きらいです。

題名がいつも釣りなので・・・(Full Matchとか書いてあって、ゆくと、薄暗い部屋で、平凡な兄ちゃんが、なんか話している)。

とにかく、そんな話だそうです。

いや~~~、もりあがってないね、レッスルマニア。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m