カイリセインさんご結婚。

(「昨日の話でしたが」
出典:WWE

こんにちは、ケン娘です。

おひさしぶりです。

とにかく題名の件ですね・・・。

女子プロレスファンの方々には、むしろ悲報かもしれませんが・・・人気プロレスラーで、現WWEタッグ王者(with ASUKA)、あの、カイリセインさんが入籍をご発表されました。

婚約とかではないです。

つまり、もう無理です。

あきらめてください。

すみません。


・ザザッと状況を。


トップ画像にあるように、WWEオフィシャルに、カイリセインさんの入籍が発表されています。

そこで伝えられているのは、カイリセインさんからの、こんなコメントです。

笑いと喜びに満ちた家庭を築きたいとおもいます。

夫は、私の仕事に理解を示してくれています。動物にも。

これからもプロレスラーとして邁進してゆきたいとおもいます。

I’m looking forward to building a family filled with laughters and joy, with a man I can respect so deeply from his attitude towards work, warm towards people and animals, and his genuine way of living,” she wrote. “I will continue working hard to become a pro wrestler than can bring much happiness and smile to people.”

もともと日本語コメントでしょうから、そちらを読んだ方がはやいかもしれませんね。

参考:WWE日本ツイッター

参考:カイリセイン、ツイッター

カイリさん本人のツイッターの方が・・・ASUKAさんのコメントとかあって、面白いです(はよシャンプー買ってこい、とかおっしゃっている)。

・・・さすがに、入籍発表で、カブキウォーリアーズ(現在、悪役街道バク進中)の写真は使えないですよね・・・

・・・と、トップ画像みておもいました。


・子づくり?


プロレスとはまったく関係ないですが
印象深い、このシーン。
産婦人科医師に、
体外受精で
(自然妊娠はあきらめろと言外で諭されている)

45歳ですら出産成功率1パーセント
と教えられたのがショックで、
脳内変換し1割(=10パーセント)
と彼氏に伝えている47歳のママさん。
(ザ・ノンフィクション
名作「今夜も眠れない」)

最近、浜崎あゆみさんが41歳で出産をしたことが報じられました(NEWSポストセブン)。

またロンダラウジーさん(33歳)が、子づくりのため、WWEから一旦去ったのは、ひろく知られています(この記事)。

女性の閉経(つまり排卵がストップし子供を産めなくなること)は、45歳~55歳、平均52歳だといわれています(手元の医学書参照、ネット上ではオムロンHPなど色々データあります)。

女性としての人生をかんがえるうえで、当然こういったことは計算にいれておかなければならないわけで(汗)、私の周りにも、23歳で子持ち・・・とか結構います。

今回、入籍を発表したカイリセインさんが、31歳。

そうすると、まだ時間に余裕はありそうなので、子づくりを視野に入れて・・・という感じはしないですね。


・引退?


今回の入籍が、カイリセインさんがプロレスを止める、ということのシグナルだとかんがえられるでしょうか。

データは以下のとおりです。

① ブリーベラ、ニッキベラ(双子、36歳):結婚、出産。WWE殿堂=引退。

② ナタリア(タイソンキッドの妻、37歳):子なし、現役。

③ ミッキージェームズ(40歳):子持ち、半現役。

・・・こうみると、ミッキージェームズが、女子プロレスラーの理想かもしれません。

ただ、ミッキージェームズは特例にみえるので(いろいろ調べたのですが)・・・

・・・カイリセインさんの場合、結婚はするけれども、子供を産むのはまだ先で、しばらくレスラーをつづけることになる、とおもいます。

あるいは・・・意地悪な言い方ですが、いつでも引退はできる。引退したら、旦那様の収入で、自分は家庭に入ればよい・・・

・・・狡猾といわれるかもしれませんが、人生って、そんなものにおもえます。

ちなみに、私が今回の件で、ぼんやり思い浮かべたのは、豊田真奈美さんですね。

ほかに本サイトだと、里村明衣子選手なんかが、思い浮かべられるとおもいます。

ともに独身の方々です。

レスラーとしてはレジェンド、リスペクトの極みです。

どうなんでしょう。

ASUKAさんも含め、いろいろかんがえさせられる話でした。

ASUKAさんの場合、そういう次元を、もう、超越しているようにもみえます・・・。

いずれにせよ、カイリセイン選手、おめでとうございます!

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m