サミゼインがIC王座戴冠(2020/3/8 Elimination Chamber)

(「なぜか」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

現地時間(2020年)3月8日、ペンシルバニア州フィラデルフィアのWells Fargo Centerというキャパ20,000人ほどのところで、レッスルマニア前最後のPPVエリミネーションチェンバーが開催されました。

観客動員数は14,853人だったみたいです。

たぶん半分わるくらいだと、WWEは観客動員数、発表しないんじゃないかな・・・。

(以下、画像出典はWWEです。)


・3対1ハンディキャップマッチ


最後は
ナカムラ&セザーロが
ブレーンバスターをしたところに
サミゼインが駆け込んで
ヘルヴァキック(Helluva Kick)
・・・ってケンカキックのことみたいです。

以前の記事でお伝えした経緯から、ナカムラ軍(+サミゼイン&セザーロ)vs. ブラウンストローマンという対戦構図になったIC王座戦。

ストローマンが蹴散らして終わり、かとおもったら、そうではありませんでした。

試合時間も10分に満たないものでした。

最後は、サミゼインとナカムラシンスケが合体技をしたところに、サミゼインがケンカキック→フォール(上掲画像)。

フォールしたのがサミゼインだから(いわゆるリーガルマン)、サミゼインが戴冠、ということになりました。


・レッスルマニアで、ナカムラ vs. サミゼイン?


オレが1対1でストローマンを倒す!
みたいなことを勢いあまって
口に出してしまい、
仲間から疑われるサミゼイン。
(いいんだ、作戦なんだ・・・と
その場では、
ごまかしていたが・・・)

ここでサミゼインがインターコンチネンタル王座取ったことは・・・

・・・いま彼が演じているキャラから言って、裏切りがこれに続く(手柄独り占め)のは、じゅうぶんかんがえられます。

なんか、試合前のインタビューでも、そんなことが、におわされていました(上掲画像)。

もしかすると、以前からウワサのあった、サミゼインとナカムラシンスケの決裂が実現して、遺恨マッチ at レッスルマニアが実現するかもしれません。!

セザーロも入っていいんじゃないでしょうか。

ちなみに今回のエリミネーションチェンバーで、AJスタイルズとアンダーテイカーは、ほぼ決定となりました(また介入された)。

機会があったら記事化します。(←すこし気が進まない)

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m