WWEはシンスケナカムラのプロモに失敗している?その2

(「ぎゃっはっは・・・」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。シンスケナカムラ選手、いまではもうすっかりSmackdownLiveのメインロースター(=レギュラー)として定着してしまいましたね。NXTで大活躍していた頃が遠い昔に感じられるほどです。

さて、2017年でのWWEでの大きな大会も12月17日クラッシュオブチャンピオンズ(Clash of Champions)のみに成ってしまいました・・・って、もうお腹いっぱいだよって気分も無いわけではないのですが。


・クラッシュオブチャンピオンズが近づいて思うこと。


(クリックで該当ページに移動します)

クラッシュオブチャンピオンズ、カードは、どんなんなんですかね・・・。

いま、2017年12月2日なんですけど、AJスタイルズ vs ジンダーマハルしか決まってないみたいです(上掲画像)。

大丈夫なんでしょうか、WWEのスタッフ。絶対、会社から帰れない日々が続いていると思うのですが・・・。

クラッシュオブチャンピオンズ(12月17日)は時期的に、2017年12月9日のWWEのインドツアーになってしまいました。

もしだったら、クラッシュオブチャンピオンズでマハル選手にベルト取らせて、インドツアー凱旋、というストーリーが丸見えだったんですけど、インドツアーのにクラッシュオブチャンピオンズが来てしまいました。

だから、AJスタイルズ vs ジンダーマハルどちらが勝つか分からないですね・・・。

・・・というか、あんまり興味湧かないですよね・・・。たぶん、AJスタイルズ選手が、ちょっと賞味期限切れに近づいて来たからでしょう。


・やっぱりナカムラ選手のポテンシャルは凄いと思う。


(「総合に打ち込むナカムラ氏」

出典:K-1のなんか)

AJスタイルズ選手は、エンターテイメントとしてのプロレスを極めつくしたひとだ、という印象を受けます。なので、シナや、CMパンクとかとやると、すごく噛み合う感じです。アンブローズなんかも良いですよね。とにかく、その系統です。

だから、この前のサバイバーシリーズも、レスナー vs AJスタイルズ、頂上決戦で大盛り上がりのはずだったんですけど、なんとなく噛み合いませんでした。

こういうカードだと、レスナー選手、シナのときのようなスープレックスシティしか見せ方ないと思うんですよ・・・(実際そうでした)。

本人(レスナー氏)も、こんなところにフラストレーションを溜めているんじゃないかなあ。

あ、スープレックスシティとは、ジャーマンスープレックスをたくさんやることで、レスナー選手の代名詞に成っています。

その点、ナカムラ vs レスナーは、考えただけで少しドキドキします。

なぜかというと、ナカムラ選手もレスナー選手みたいに総合(格闘技)経験があるからです(上掲画像)。

あのヒョードル並みのポテンシャルを持っていたアレクセイ・イグナショフ(キックの選手で毒サソリ←短縮し過ぎ)に勝ったんですよ!

すげ~。あんなん(イグナショフ選手のことです)、ぜったいケンカしたくないよなぁ。

サバイバーシリーズで、これ(ナカムラ vs レスナー)やっても良かったんじゃないかなあ・・・。でも、映像的にWWEに成ったかどうかの保証はしませんが。

いずれにせよ、ナカムラ vs レスナーをするためには、ナカムラ選手自体のステータスをもっと上げておかなければならなかったはずです。

そう考えると、やっぱりナカムラ選手に、サマースラムでベルト取らせて、ヘルインアセルで防衛、くらいやらせても良かったのかも知れませんね。

2017年にナカムラ選手速攻で大ブレイクで良かったと思います。

でも、代わりにブレイクしたのは、彼のライバルに成ったジンダーマハル選手でした。これも何もかも、インド市場に色気を出したWWE上層部の決定のせいだったんですが・・・。

まあ、それも分からないでもない。資本主義では当然。

・・・まとまらなくてすみませんが、今回はここまでです。

次回は、マハル選手について、すこし書いてみたいと思います。

ヘルインアセルについても、きちんと書きます。いつも脱線でゴメンナサイ。

それでは。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m