KENTAのインタビュー①:東スポバージョン。

(「このひと誠実なんだよね・・・
いや手前じゃなくて、
奥の人ね。」
出典:NJPW)

こんばんは、ヤマガタです。

今年(2019年)G1クライマックスにおいて新日本への参戦を表明したKENTA(この記事)。

なんだか閉じ込み付録みたいな感じで、なかなか出回らないKENTAのインタビューですが、以前のものとは違う記事がポツリ、ポツリ出て来たので、読んでみたいとおもいます。


・東スポさんの記事。


ひとつめは、東スポさんの記事。

【新日本】KENTAが本紙に激白 ゴー2スリープ解禁!

という題名です。

リンク先に行くとKENTAが、どアップで出てくるので、心臓弱い人は注意してください。

いや~・・・KENTA老けたな~・・・。

こんなサモアンな風貌だったか?

WWEでは、もっとカワイイ顔していたというイメージだったが。

髪型が原因なのかな?

・・・で、肝心のポイントは以下のとおりです。


・Go2Sleepは絶対やる。


ブライアンケンドリックへのボッチ(←失敗を意味するプロレス用語)でWWEでは封印されてしまったGo2Sleepですが・・・

G1クライマックスでは使いまくるそうです。

東スポ「必殺技のゴー2スリープがWWEではCMパンクの存在もあり使えなかった。解禁は?」

KENTA「しますよ! 誰が何と言おうが。誰がなんだとか、そういうので、できなくなるのはもういい。」

東スポさん解釈だと、CMパンクのムーブだから、ヒデオイタミはGo2Sleep使えなかったになってますが、それは間違いでしょう。

そもそもパンクとWWE、ヒデオイタミのいたころ、そんな仲良くなかったからね。


・内藤哲也にやはり喰いつく。


東スポさんといえば、内藤哲也。

内藤哲也の良さの半分は、東スポさんの手柄といっても過言ではないでしょう。

だから、KENTAが内藤哲也が気になるといったコメントに喰いつきます。

東スポ「G1の出場メンバーが16日の東京・後楽園ホール大会で発表されるが、気になる選手は?」

KENTA「内藤(哲也)かな。ノアでやったことありますけど(2014年3月8日有明大会のKENTA、田中将斗組VS内藤、丸藤正道組)。あの時とは全然違いますしね。」

だから東スポさんは、KENTAはやはり”あの男”の名あげた・・・と鼻息を荒くします。

内藤哲也が気になるというのは、KENTA自身、新日本ポッドキャストでもいっていましたから・・・

・・・東スポさんだからということでのリップサービスではないでしょう。


・ジョンモクスリーには同じコメント(たぶんウンザリしている)


その新日本のポッドキャストでも聞かれたジョンモクスリーについてですけれども・・・

・・・やはりヒデオイタミでの失敗に負い目を感じているのか、謙虚なコメントをしています。

東スポ「元WWEのディーン・アンブローズ改めジョン・モクスリーもG1参戦を表明した。」

KENTA「やりたいっすねえ。あの時、ディーン・アンブローズとヒデオ・イタミ(KENTA)なんて、もう(大きく手を広げ)こんな差だから。今ならガンガンやりたいっすね。」

ちょっとチクリときているのかもしれません。

早々にWWE時代の自分は忘れてもらいたい、というのが本音でしょうね。


・大声ではいえないけれども、カラダボロボロ。


本サイトでヒデオイタミを追っていたころから、気になって仕様がなかった、手術だらけのKENTAですが、やっぱりすこし漏らしています。

東スポ「コンディションは?」

KENTA「(WWEでは)肩のケガに一番苦しみましたね。俺的には手術自体もあまりいい手術じゃなかったと思うんで。リハビリは(WWEを)辞めてからもずっとやってきました。大丈夫というか、問題ない。」

手術やってプロレスやる、ってのが常人には不可能なんですけどね。

大丈夫なわけありません。

あと、インタビュー全体から漂ってくるのは、KENTAはもうキャリア最後半にいる、ということです。

理由はケガでしょう。

はたしてどうなるのでしょうか。

ひきつづきKENTAの活躍を追って行きたいとおもいます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m