フィンバラーのヒールターン(2022/6/6 RAW)

エッジの十八番をする
フィンバラー。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

Hell In A Cellの↓この話からのつづきです。

TheJudgementDay vs. AJ, フィンバラー, リブモーガン(2022/6/5 Hell In A Cell)

・・・そういえば、フィンバラーって、まだ完ぺきにヒールターンしたことなかったですよね。

(以下、画像出典はWWEです。)


・どんな話だった?


むっちゃ笑顔でフィンバラーを迎え入れる
ジャッジメントデイの面々。

TheJudgementDayってエッジのstable(ユニット)ですが・・・

ここ↓から動き出したプログラムです。

参考:エッジのヒールターン(2022/3/7 RAW)

USAネットワークが以前からRAWに、もっと大人のコンテンツにしてくれ!と要求していたことに応えたかたちになります。

そのジャッジメントデイですが、Hell In A CellでAJスタイルズ組に勝利し、さらに躍進する・・・というのが今回のセグメントの前フリでした。

こんな話↓でした。

ジャッジメントデイ出てくる。

観客「ブー!ブー!!」

エッジ「お静かに!大人が話します。お静かに!」

エッジ「Hell In A Cellを経て、われわれジャッジメントデイは、さらに躍進することになりました。」

エッジ「みてください!リアリプリーとダミアンプリーストの成長を!」

エッジ「彼らがここまで成長できたのは、ひとえに、大人の私の話をよく聞いていたからです。」

観客「WHAT?」

エッジ「そんな向上心をもつニューメンバーとして、今回、彼を紹介します!」

フィンバラーが入ってくる。

アナウンサー「なんでフィンバラーやねん!昨日、敵だったじゃん!」

エッジ「ようこそ!(むっちゃ笑顔=上掲画像)」

フィンバラー「昨日・・・オレはリアリプリーに妨害された・・・」

フィンバラー「不思議と、悔しさはなかった・・・」

フィンバラー「むしろ、リアリプリーのまっすぐな眼差しに感動したんだ・・・」

エッジ「そうさ!それがジャッジメントデイだ!われわれは道を誤ることはない!」

ダミアンプリースト「そうなのさ。おれたちは道を誤ることはない・・・」

ダミアンプリースト「もう自分たちで判断できるのさ・・・」

エッジへ?

エッジが一斉にボコられる

フィンバラーにパイプ椅子をくわえさせられる(トップ画像)

フィンバラー、のこり2人と笑顔でハイチーズ。

・・・というセグメントでした。

展開が早く、アングルとして、メディアの評価は高かったです。

これでエッジはシングルプレイヤーに戻るのかな・・・もったいないですしね。

問題は、な~んかジャッジメントデイ・・・往年のRETRIBUTIONみたいになりそうですよね・・・

フィンバラーのラストランにならなければよいのだが。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m