The 26th Best of the Super Juniors 開幕。

(「もとラストファルコンリー!
出典:NJPW)

こんばんは、ヤマガタです。

仕事増やして自分で自分の首絞めているようですが、今年はBest of the Super Juniorsみてみたいです。

・・・やっぱりあのワニのひと気になるんですよ。

(以下、画像出典はNJPWです。)


・出場選手。


ワニのひと。

とりあえず、出場20選手みてみましょう。

Aブロック
1.タイガーマスク
2.SHO
3.ドラゴン・リー
4.ティタン
5.マーティー・スカル
6.ジョナサン・グレシャム
7.石森太二
8.金丸義信
9.TAKAみちのく
10. 鷹木信悟

Bブロック
1.田口隆祐
2.ウィル・オスプレイ
3.ロッキー・ロメロ
4.YOH
5.バンディード
6.成田蓮
7.エル・ファンタズモ
8.ロビー・イーグルス
9.DOUKI
10. BUSHI

エルデスペラードがDOUKIに、フリップゴードンが成田蓮に、それぞれケガで交代させられています。

本日5月13日開始、6月1日に両国国技館でファイナルです。

ま~な~・・・リコシェもフィンバラーもここ出身となりゃ、各選手ヨダレが出る大会でしょうね。

個人的に注目はROHのバンディード(Bandido)です。

オスプレイの優勝はないだろうね。もうヘビー転向完成間近でしょう。

あとファンタスティカマニアには降臨なされているOKUMURA先生見たかったです(エキサイトニュースこの記事参照←みんなで応援しよう!)。

OKUMURA先生、CMLLでもTVショーには出てないみたい。カワトーさんと同じ・・・とか言ったら殴られるのでやめます。


・鷹木信悟の試合。


SYOはパワーアップし、
鷹木信悟との力比べで
圧倒する場面もあった。

・・・で、開幕戦セミファイナルで、僕らのもぐりジュニア鷹木信悟の試合がありました。

相手は出て来たら女性ファンの絶叫がきこえたSYO。

SYOの入場曲は、海を越えてTJP(TJパーキンス)になっていました。

ビデオゲームは、あれやで・・・呪いのギミックやで・・・。

それにしても鷹木信悟のギミック、うま~く、あのひと、あれだ、あれ、忘れた・・・

そう、後藤 洋央紀!

・・・と、ダブらなくなってましたね。

いまごろ気づきました。


・SHOいい選手だね。


Last of the Dragon!
からのフォールで、
鷹木信悟の勝利!!

セミファイナルでしたけど、すんごいいい試合でした。

鷹木信悟もプロだから、SHOのいいところの見せ方が、ようくわかっている、という感じで、結局、鷹木信悟が勝ったんですけれども(上掲画像)、本試合でSHOは株上げました。

WrestlingObserverも絶賛☟

ありえん試合だった。

あとの試合、これどうすんの?

An unreal match. I don’t know how anything in the rest of the tournament can follow this.

案の定AブロックとBブロックでSHOとYOHは分かれていて、運命の対決はお楽しみにとっておくんですね。

あれだね、SHOは往年のKENTAをもっとかわいい顔にした選手みたいになってきたね。

SHOに女性の声援、鷹木信悟に男の声援、という感じでした。

まあ、鷹木信悟タイプの男性がすきな女性はたくさんいるとおもいますが(参考:石井智宏)。

SHOYOH(←つなげるな)ってちっちゃいんだよね。171cmと173cm(この記事)。

CIMA(174cm)みたいなカリスマになれればよいな、なんて思っています。どうやってなるのか分かりませんが。

KENTAは、174cmか。

フィンバラーは、ああ180cmあるか。やはり外人でかいな。

リコシェは・・・175cmか。いいね。

なんだか身長ばっかりですけれども、SHOYOH(←つなげるな)ヘビーで活躍できないかな、とぼんやりおもいました。

・・・あ、最後に。

鷹木信悟はジュニアじゃないよ。

これは否定できない。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m