レッスルマニア35その後(2019/4/9 Smackdown)

(「左の方が勝ちます」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

レッスルマニアその後、今度はSmackdownです。

目立ったことと言えば、レッスルマニアで防衛したジ・ウーソーズが、ハーディーボーイズにSDタッグ王座ベルトを取られたこと位でしょうか。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ナカムラシンスケは出た。


6-man タッグチームマッチ。
どう見ても向かって右側が
格上。

今回のSmackdown、ナカムラシンスケは出ましたが、アスカは出ませんでした。

注目は来週で、スーパースターシェイクアップ。

アスカはとにかく、まだシングル戦線の息があるので、WWE残るでしょう。

問題はナカムラシンスケ。

相変わらず上掲画像のような、ひと山ナンボ扱いです。

しっかし、アンドラデ+ルセフ+ナカムラは、プロレスファンの目からしたら、あり得ないくらい豪華なんですけれども・・・。

しかも、この6-manタッグマッチ、この豪華タッグが、NXT+205Live(!)昇格組に負けます。

それでも、ナカムラはやっぱり、WWE残るみたいですね。

KUSHIDAのツイッター見れば分かります(※)。

(※ちなみにKUSHIDAはNXT TakeOver:NewYorkで契約発表しました。)

・・・個人的にはROHとかに電撃移籍してほしいんですが・・・カネが魅力的でないんでしょう。

あと「なんで海外まで行って新日本より小さい団体いるんだ?」っていうのもあるでしょうしね。


・アリが決める。


450 splash!!
Connect(命中)!!

6-manタッグマッチですが最後、なんとアリ(旧ムスタファアリ)が、アンドラデ(旧シエンアルマス)を仕留めました(上掲画像)。

改名が改名を仕留めたということですね(・・・)。

アリのプッシュはまだまだ続くようで、シンデレラボーイの快進撃はつづき、ま、す?

いや・・・いろいろ試してみたんですが、アリって求心力ないですよ。

つまり人気ないです。

知名度ない、って言った方が正確ですが。

205Liveもすっかり見なくなりました。

見ても記事化できないですし。

いや、できるんですけれども、誰も読まないので。

トザワもってきても、誰も読みません。

これが世間のひとの205Liveへの接し方だと思います。

そうかんがえると、205Liveで中心人物だったアリに感情移入できないのも分かります。

それにしても205Live、もう3年目ですか!!

NXT UKがそれなりに軌道に乗って来たところみると・・・ちょっとヤバイかも。

NXT UKはしっかりTakeOverで枠持ってますからね(この前のピートダンvs.ウォルター)。

それに対し205Liveはずっと前座。

ヒデオイタミが、205Liveで巡業(ハウスショー)してくれ、巡業してくれ、ってボヤいていたことも思い出されます。

とにかくパッとしないまま3年目。

私は今年、205Liveから手を引きます。

KUSHIDAもNXT行っちゃいましたし。

205Live、解体したら大変だろうなあ・・・。

ヒデオイタミは、それを察知していたのなら天才ですね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m