いいマイクするなあ・・・(RAW 2019/2/11)

(「マクマホン家の新年とかって
どんな感じなのかな
といつも思う」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

アンブローズのことが気になって(たぶんアングルで離脱すると言っている)、RAW(2019/2/11)を見たんですけれども、ぜんぜん普通の試合でEC3にリベンジしていました。

なんにもストーリー展開なかったです。

その次、メインイベントとして本当にMainEventみたいな、ボビールード&チャドゲイブルvs.リバイバルという面白くもなんともない試合があったんですが・・・(タイトルチェンジはあったが割愛)

・・・つまらない。

でも、最後のマイクでひっくり返されました。

(以下、画像出典はWWEです。)


・レッスルマニアのメインは女子戦かぁ・・・。


ごめんなさい(I’m sorry)

って言え。

私もそんなに熱心に追いかけていたわけではないですが、ストーリー展開は次のようなものでした。

2月4日のRAWでステファニーマクマホンが、ベッキーリンチにケガの具合を見てもらえ、と言ったがベッキーはそれを拒みステフにパンチ!!

翌日2月5日Smackdownで今度はトリプルHが出て来て、再びベッキーを説教するがベッキーはそれを拒みトリプルHにビンタ!!

・・・・なんちゅう展開。

ベッキーが野良猫みたいに見えてくるストーリー展開の中、今回RAWの最後のセグメントで、そのベッキーに謝罪(I’m sorry)を迫る場面が設けられました(上掲画像)。

これが実質のメインだったわけですね・・・。


・ビンスだ!!


世界のプロレスの中心にいる男!!

結局、ベッキーリンチは謝ります。

そうすると、あっさりステファニーとトリプルHはOKという感じで退却。

ベッキー拍子抜け。

そこにロンダラウジーが出て大盛り上がり。

しかし!!

ビンスマクマホン(Vince McMahon)が登場します。

ボスキャラ登場。

このセグメントを私が追ったのは、ひさびさにこの人、ビンスをみたかったからです。

AEWも登場して激震のプロレス界に、原点回帰という感じで、この人を見ておきたいと思いました。

こんなことを言います(以下、人柄も同時に伝える訳です)。

ベッキーリンチ!!

デカくなったな。

今やWWEユニバースよりでかい!!

ステフとトリプルHは、オマエの謝罪を受け入れた。

しかしワシは許さんぞ。

オマエは60日間出場停止だ。

ってことは、へっへー、復帰はレッスルマニア後だな!!

こんな感じの↑大人子供です。

ベッキーが話違うじゃんみたいなリアクション。

ビンスじいちゃん続ける。

ベッキー、オマエ、The Manなんだって?

ちがう、ちがう。

The Manはワシだ!!

観客ブーイング。

すごいなこの経営者。

・・・というわけで、みなさんお気に入りのメインイベンターを用意しました。

ベッキーじゃなくて、こちらの方でレッスルマニアは行きます。

ロンダラウジーの対戦相手は、この方です。

どうぞ!!


・シャーロットだ!!


ああ・・・

こうやって選手という

商品を見せるべきなんだな、

というお手本。

そうして出て来たのがシャーロットでした。

商品価値がぐぐっと上がり、ああ、これはレッスルマニアメインはトリプルスレットで行くんだな・・・というのが、よ~く、分かりました。


・・・が。


この人は?

まあ、

今が旬のベッキー

vs.元からメインのロンダ

vs.国宝級シャーロット

のトリプルスレットはよいと思うんですけれども、そうなると、アスカはどうなるんですかね。

SD王者ですよ。

ナイアジャックスあたり・・・なんでしょうか。

それにしてもWWEのこの女子へのシフトっぷりは凄まじいですね。

というわけで、よきマイクを聞けて幸せでした。

でもやっぱりWWEはビンスで持っているんですね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m