レッスルキングダム15 試合結果2日目

(「これに尽きる」
出典:NJPW)

こんにちは、ヤマガタです。

WK15, 二日目です。(→ 一日目はこちら)

WrestlingObserverに言われて気づいたんですけど・・・

① SHO, YOHの枠がない

② 後藤 洋央紀の枠がない

③ 石井智宏の枠がない

EVILは、どうせケガしたんでしょ・・・?

参考:・・・?ないね・・・。

ディック東郷は、なにしてんの?

そんなこんなで、すっかりワケわからない新日本プロレスです。

WrestlingObserver”飯伏が全部清算してくれるだろう”と言ってます。

ただ、あれだね・・・ジェイホワイトに対するファンとの温度差、新日本プロレスも早く感じとった方がいい。

悪いけど、ジェイホワイトは、オメガやAJスタイルズの代わりにはなれないよ。

育てたいんだったら、ウィルオスプレイやザックセイバーJr.と絡めて、キャラを成長させてあげなきゃ・・・。

観客動員数2日目は、ぐんと減って、7,801人だったみたいです。


前座1:AZM & なつぽい & 上谷沙弥 vs. ひめか & 林下詩美 & 舞華



試合開始17:00じゃないの?
もう試合結果出てるよ?
(現在 2021/1/5  16:44)
前座は、もうやっているってこと?

てか、スターダムの選手の、
この扱い(画像なし)は、
ないだろう・・・。

STARDOM選手名鑑からご確認ください。

・・・なんか、スターダムの選手が絡むと前座と呼びにくくなるが、お許しを・・・。

てか、前座にすんなよ。

結果(終わってるの?)

AZMたちの勝ち

9分48秒  フェニックススプラッシュ→エビ固め

・・・?

ちょっと様子みましょう。


前座2:中野たむ & 岩谷 麻優 vs.  朱里 & ジュリア


岩谷麻優とジュリアのシングルマッチだと、本戦食っちゃう、ってそういう話なんだろうけど・・・

・・・ここ、もっとテコ入れできるだろうね。

カイリセイン出したりすれば、かなり集客力になるだろうし。

・・・あ、カイリセインは、なんか3月のスターダムの武道館大会に出るみたい。

参考:Rumor Roundup (Jan. 2, 2021): Fiend/Orton gimmick, lowball WWE contracts, Rowan status, more!

これ↑大事そうだから、訳出しときます。

WrestlingObserverによると、スターダムは3月の武道館大会にカイリセインを呼び出そうとしているらしい。

だが、WWEからの承認が必要で、話は行き詰まっているもよう。

Per the Observer, Stardom’s plans for their big show on Mar. 3 in Budokan Hall included bringing in Kairi Sane, but her attempts to gain WWE’s approval for this appearance “got nowhere.”

WWEとしては、日本巡業までカイリセインとっておきたいだろうしね。

ちょっとソース見失いましたが、WWEって、ヨーロッパとかでは、巡業の方が利益あげてるみたいです。

結果

ジュリアたちの勝ち

12分49秒  グロリアスドライバー→片エビ固め

ほんとにやっているみたいだね。

STARDOMの試合は中継しないみたい。

そりゃそうだわな。

”新日本プロレス”ワールドなんだから・・・。


第1試合:チェイスオーエンズ vs. バッドラックファレ vs. Bushi vs. 矢野通


WrestlingObserverは、ここに鈴木みのるとか、永田裕志を投入せよ、という論調だった。

深く同意。

矢野通とか、タイチはいらん。

ストロングスタイルを見たいんだから。

結果

矢野通の勝ち(BUSHIからフォール)

片エビ固め 矢野が『KOPW 2021』を戴冠

7分34秒  片エビ固め


第2試合:金丸 義信&エルデスペラード vs. 田口 隆祐&マスターワト


びみょうな619(レイミステリオの必殺技)
をした後
びみょうな表情で田口のフォールを見守る
マスターワト。
天山広吉も、このユニットのひとり。
う~ん・・・ここら辺のアングル、
さっぱりわからん。

やっとここで、カワトーさんか。

みてみたいです。

IWGPジュニアヘビータッグ王座戦なんだね。

カワトーさん(マスターワト)は、ジュニアカテゴリなの?

このひとには、もっと上に行ってほしいのだが(体格あるため)。

結構カワトーさん(マスターワト)、蹴りするね。

ナカムラシンスケみたいな感じに化けるか?

結果

金丸組(チャンピオン)の勝ち。

王座防衛

13分20秒  ピンチェ・ロコ→片エビ固め


第3試合:鷹木信悟 vs. ジェフコブ


海外からの注目が高い試合。

そうだね。NEVERとしては、理想的な試合だとおもう。

鷹木信悟は、今年は、もうIWGP戦線に絡んでいいとおもう。

いい意味で、飯伏幸太と共に、新日本プロレスの保守的なあり方を打破してもらいたい。

結果

鷹木信悟の勝ち

21分11秒  ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め
(鷹木が初防衛に成功)


第4試合:SANADA vs. EVIL


あぁ、EVIL怪我してなかったの?

ごくろうさま。

結果

SANADAの勝ち

23分40秒  ラウンディング・ボディプレス→体固め


第5試合:石森太二 vs. 高橋ヒロム


蝋人形みてーだな。

ジュニアヘビー最高の試合だ、と各方面絶賛。

個人的には、石森太二とTMレボリューションの区別がつかなくなってきた(上掲画像)。

ヒロムとりそうだな~・・・

TMレボリューションは、AEWとかImpactで活躍してほしい。

結果

高橋ヒロムの勝ち

タイトルチェンジ!

25分31秒  TIME BOMBⅡ→片エビ固め

・・・まあ、内藤哲也が陥落したから、高橋ヒロムとなんかやるんでしょう。


第6試合:飯伏幸太 vs. ジェイホワイト


万が一、
最初で最後であったときのために、
二冠王者時を記録。
解説者によると、
昨日からの付き合いとかで、
ほとんど寝てないらしい。

ジェイホワイト、最後のチャンスくらいの気持ちでやらないと、会社からダメ出しくらうかも。

介入あるかな~!!

あったら、みんな怒るぞ!!

(実際は、外道さんによるマイルドな介入があったのみ。→最後すごい介入したが・・・)

・・・ジェイホワイトは、いつもどおりの小物感だしているんで、飯伏幸太が防衛してくれるとおもうのだが・・・

試合自体は、いつものジェイホワイトの試合・・・。

ここで飯伏防衛して、しばらく防衛ロード続けて・・・

・・・んで、”やっぱり、飯伏じゃダメだ”とかヤジされるようになって、ようやく新日本の一員になれるとおもうのですが・・・

最後の25分過ぎあたりからのアングルが、いいとおもいました。

どんなのかというと↓

① 二冠王者になって飯伏幸太は、めちゃくちゃ強くなっていた。

② なので、この試合自体、はじめから企画倒れだったのであり、ジェイホワイトは、次第に全然かなわないことに気づいてゆく・・・

こういう感じ↑で試合のストーリーもっと展開してほしかったです。

実際の試合は、徐々にジェイホワイトが盛り返して行く、という風に進んでしまいました。

結果

飯伏幸太の勝ち

カミゴェうしろ→まえ→フォール

48分05秒

・・・いい試合でした。

ジェイホワイトのよさもわかった気がします。

関係ないけど、飯伏幸太、ステロイドやってねーか?

・・・いろいろあるけど、ジョンモクスリーが本格参戦してくれれば、な~んも問題ないんだけどね。

来年は、モクスリーのメインみたいなあ・・・。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m