NOAHその後(サイバーファイト以後)

美学のある闘い
出典:NOAH、
以下同じ)

こんにちは、ヤマガタです。

サイバーファイト発表以来から消息不明(私のなかで)だったNOAHですが・・・

ちょっと見る機会があったので、見てみました。


・まだNOAH存続?


拳王の顔面に、
コーナーキック!!
美学のある闘い。

まだサイバーファイトじゃないんですね。

というかNOAHの屋号は掲げ続けるの?

NOAHのサイトは、ひさびさに訪れたらすっかり様変わりしていて驚きました。

会社概要は↓以下のようになっていました。

名称
株式会社CyberFight

所在地
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-1-2 B1F プロレスリング・ノア事業部

つまりサイバーファイトのDDT事業部と、ノア事業部、という風に両団体は、存続させるのかな?

ちょっとDDTの会社概要↓みてみましょう。

サービス提供事業者名
株式会社CyberFight(旧商号:株式会社DDTプロレスリング)

DDTの方は、サイバーファイトに完全吸収されたみたいです。

・・・こうみると、NOAHは存続で、世間の印象通り、名前だけ存続し、実質はDDTに呑み込まれた・・・でよいとおもいます。

というわけで、私のザッと調べた限り、NOAHは生きのこっています。

両団体ぐちゃっとするのは選手がさすがにイヤがったのかな?


・中嶋勝彦 vs. 拳王(2020/9/18 N-1 Victory)


ダイヤモンドボム!!
バックブリーカー
から
パワーボムに持って行く!

私は今回、中嶋勝彦 vs. 拳王(2020/9/18 N-1 Victory)を見ました。

N-1 Victoryという、興行があること自体、知りませんでした。

で、見たかぎり、新星ノアの印象は↓以下の通りでした。

✔ ジュニア中心は避けられない。でも、拳王(174cm)、清宮海斗(180cm)あたりを中心に、イケメンで攻めるのは、DDTと同じ。
でも、全員イケメンではない(失礼)。選手名鑑参照。

✔ その選手名鑑みればわかるとおり、大きな興行になると、フリー選手招待は避けられない模様。桜庭和志とか、ちゃっかり参戦。

✔ ジュニア中心だけれども、ハイフライヤーが居ないのは、やはりNOAHらしい。全日本プロレスの血筋を受け継ぎながら、望まずにジュニア団体になったことの現れが見て取れる。

そんな感じです。

なので、今回みた、中嶋勝彦 vs. 拳王もNOAHらしい、ハードヒットの試合でした。

レベルは高いが、身長がない、というのが、やはりNOAHですね。

GHCヘビーという過去の遺産に拘りすぎなんですよね・・・(ちなみに現在潮崎豪

・・・というわけで、パッと見、変わったNOAH。

でもしばらく見ていると、やっぱりNOAH・・・というのが私の印象でした。

どうなるでしょうか。

あ、ちなみに試合は中嶋勝彦が勝利、N-1 Victory Bブロックイチ抜けで、Aブロックイチ抜けの清宮海斗と勝負し・・・

中嶋勝彦が勝ったみたいですね。

(2020年)11月22日に、潮崎豪のGHCヘビーに挑戦するみたいです。

全日本プロレスとかも気になるので、機会があったら調査してみたいとおもいます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m