ハイドロキノンの最近③:ランキング第2位

こんばんは、ケン娘です。

ハイドロキノンのおクスリをランキング形式で紹介しています。

① ランキングは単純に、業界のトップランナーであるオオサカ堂さんで、口コミが最も多く、かつ星の数が多いモノ・・・から選んでいます。

② 口コミ数は500が上限、星の数は混ぜこぜなので★×5はさすがにありません。

③ 具体的には添付画像から、オオサカ堂さんのサイトをご覧になってください。

今回は、第2位をご紹介いたします。


第2位:BIHAKUEN



20g 4%

2,530円

第2位はBIHAKUENです。

CA BOTANA INTERNATIONALというアメリカの企業(※)が製造しています。

(※トレチノインのBIHAKUENの製造会社Klein Andersonと違いますが、KleinAndersonが2018年にCA NOTANAという会社名に変更されたようです。つまりふたつの会社は同一で、問題はありません。)

本連載第1回でもご紹介しました。

オオサカ堂さんでは口コミ数MAX500、★4つ、と星の数で第1位のユークロマクリーム(★4.5以上)に及ばず。

値段かな・・・(ユークロマクリーム 1,225円に対し、BIHAKUEN 2,530円)と思ったのですけれども、どうやらそれだけではないようです。

こんなコメントをオオサカ堂さん([BIHAKUEN]ハイドロキノン4%)で見つけました。

今回初めBIHAKUENのハイドロキノンを購入しました。
3本届きましたが、3本とも自分の肌の色よりも茶色に近いベージュでびっくりしました。
説明には多少の変色は大丈夫と言う内容の事が書かれていますが、病院でもハイドロキノンは酸化しやすいので変色したら使用は止めて廃棄する様にと言われるほど、酸化して変色しやすいものなのでさすがに怖くて使えませんでした。
その事をご連絡するとすぐに対応して頂き、新しいく送り直して頂きました。
新しく届いたハイドロキノンは白かったので安心して使用しています。
ですが、次に注文した時にまた茶色っぽい色のものが届いたら嫌なので継続して使用するかは悩み中です。

・・・これ、ハイドロキノン使っている方なら経験されていると思います。

チューブのキャップ辺りから茶色く変色してしまうのですよね。

結論から言ってしまうと、この茶色化現象はBIHAKUENに限った現象ではありません。

ユークロマクリームでも起こります。

つまりハイドロキノンという成分そのものの特徴なのですね。

というわけで、上掲口コミからBIHAKUENをマイナスにすることはできません。

単純に値段から、第2位とさせて頂きますね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m