ラマポーザ新内閣発表(3):入閣しなかったトップ6。

クリックで移動します

こんばんは、品川です。ランド躍進の期待される本年(2018年)2月26日新たに大統領に就任したシリルラマポーザ氏(2月15日)が新閣僚を発表しました。データ的に大規模なものに成ることが予想されますので、連載の形で記事化させて頂きます。何卒、ご了承ください。

連載第1回で顔ぶれを見たラマポーザ新内閣ですが、よく見るとANCのトップ6は半分、三人しか入閣していません。今回は、入閣しなかった残り三人に焦点を合わせ、その意味するところを探ってみたいと思います。

連載第3回目です。(トップ6については、この記事をご参照ください。また、(下記トップ6の画像出典は、ANCホームページに成ります。)


1.入閣しなかったトップ6ひとり目:エイスマガシュル(Ace Magashule)。


向かって左下のひとです。

表記が「Elias Sekgobelo Magashule」と成ってますけれども、Elias Sekgobelo “Ace” Magashuleと呼ばれているようです。

この “Ace” ですが、完全にアダ名で、サッカーさせるとエースに成るので、そう呼ばれているだけだそうです(ANCの紹介文参照)。

どうでもよいですけど(よくないですけど)、ANCのホームページを見ると、マガシュルのことを「同志マガシュル(Comrade Magashule)」とか呼んでいて、ああ共産党だなあ・・・と実感します。

ANCの事務局長(Secretary General)です。58歳。

ズマの忠実な(staunch)サポーターです。だから、このひとが内閣を外れたことには大きな意味があります。

入閣経験はまだ、無いようです。


2.入閣しなかったトップ6ふたり目:ジェシーデュアルテ(Jessie Duarte)。


向かって中央下段のひとです。

紅一点ですね。

副事務局長(Deputy Secretary General)です。64歳。

ズマの忠実な(staunch)サポーターです。だから、このひとが内閣を外れたことには大きな意味があります。

「同志デュアルテ(Comrade Duarte)」に入閣経験は、まだ無いようです。


3.入閣しなかったトップ6三人目:ポールマシャティレ(Paul Mashatile)。


向かって右下のひとです。

財務委員長(Treasurer General)です。56歳。

ズマ反対を明言していたトップ6唯一のメンバーで、私の直感ですが、若いこの “同志” マシャテレが入閣しないことを引き換え条件に、ズマのサポーター2人(マガシュルとデュアルテ)を閣僚から外したのではないでしょうか。

「同志マガシュル(Comrade Magashule)」は、以前、文化教育大臣として入閣経験があります。バリバリの学生運動家でした。

このひとだけトップ6で、何か違うんですよね。

南アフリカを変えてくれそうな人に見えます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m