メキシコペソはどうか:その2(FX 2019/3/21)

こんばんは、品川です。

メキシコペソについて調べています。

手っ取り早く前回の政策金利決定時(2019/2/7)の中銀総裁(Alejandro Díaz de León Carrillo)氏のステートメントを読んでみたいと思います。

原文はスペイン語で、メキシコ中銀スタッフが訳したそうです(原文はここ)。


・初めの一段落だけ。


第一段落です。

メキシコ中銀は政策金利を8.25%で維持することに決定しました。

Banco de México’s Governing Board has decided to maintain the target for the overnight interbank interest rate at 8.25%.

参照できる指標が示すところによれば、2018年四半期は、世界経済減速の期間だったと言える。

下押しの顕在化が顕著に表れたのは、ユーロ圏、中国である。程度は異なるが、アメリカも然り。

Available indicators suggest that during the fourth quarter of 2018 the world economy decelerated, as evidenced by the lower dynamism in most advanced and some emerging economies, such as the
Eurozone, China, and, to a lesser extent, the United States.

これは米中貿易戦争、ビジネスコンフィデンスの衰退、そして散発的なショックの結果と言える。

This reflects, among other factors, the effects of trade disputes, declining business confidence, and transitory shocks.

この経済環境の悪化は、2019年ならびに2020年の景況予測を下方修正することを余儀なくする。それに伴う原油価格の凋落は、しかし、インフレ率を下げるであろう。

This environment of lower dynamism of economic activity led to downward revisions in the outlook for world growth for 2019 and
2020, and, together with the decrease in crude oil prices, contributed to ease inflationary pressures in the main economies.

このことは、主要国の政策金利の標準化の遅れに見て取られる。アメリカの政策金利に関しても然りだ。

The latter has been reflected in expectations of a slower normalization of monetary policy in the major economies, and in lower short- and long-term interest rates in the United States.

予想通り、FRBは政策金利を変えなかった。そしてステートメントにおいても文言を大幅に変え、政策金利の徐々に変更すること、バランスシートの標準化に更に手を加える必要性を述べた。

As expected, in January the Federal Reserve left the target range for the federal funds rate unchanged. Also, it modified significantly its message, stating that it will be patient in making future adjustments to
the target range for the federal funds rate and that it could adjust the details of its balance sheet normalization program if necessary.

この文脈で、金融市場は活況を見せた(政策金利が上げられなかったため)。

In this context, financial markets in both advanced and emerging economies have exhibited a more favorable performance.

何と言っても米中貿易戦争は脅威だ。Brexitも然り。中国の景気減速も然り。北朝鮮やシリアのような地政学的リスクも然りである。

As for the risks to the global economy, the
uncertainty regarding trade disputes between the U.S. and China, a disorderly Brexit process, a lowerthan-expected growth of the Chinese economy, and an escalation of political and geopolitical turmoil in
different regions stand out.

う~ん、結構まともですね。

今日は疲れたので、ここまで。

明日、続けて読みたいと思います。

疑問なのは、だから、なぜ8.25%という高金利なのか、ということです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m