ラマポーザ新大統領の就任演説。(1)

(動画はこちら

こんばんは、品川です。現地時間2018年2月15日、ズマ大統領の即時退任(現地時間2018年2月14日)を受け、シリルラマポーザ氏が、南アフリカ下院(国民議会)によって大統領に選出されました。こちらの動画から、メモを片手に照れ臭そうに話すラマポーザ新大統領を見ることができます。

しかし翌、現地時間2018年2月16日、ラマポーザ新大統領による就任演説、いわゆるSONA(State Of the Nation Address、一般教書演説)が行われました。こちらのほうは議会のような内輪の演説ではなかったので、ラマポーザ新大統領も力強いリーダーシップを見せなければならず、熱弁がふるわれました。(上掲画像のリンクで見ることができます。)

ラマポーザ新大統領は何を話したのでしょうか。良い機会ですから、全文を、興味深いところを中心に辿ってゆきたいと思います。

なお、あえて原文の英語を多く引用しました。私の解釈の確認を、そこでしていただけら、と思います。全文自体は、ここで読むことができます。ただ、1時間にも及ぶ演説なので、目を通すのにもひと苦労ですが・・・。

長(たらし)いので、数回に分けて記事にさせていただきます。


1.出だしにズマ氏への感謝。


いまだに議会では「ズマ」「汚職(corruption)」「9年間(ズマ氏の任期を意味する)」は禁句で、これが口に出されるとブーイングが出ます。しかし、ラマポーザ氏はANCの一員として筋を通します。

一般教書演説をすることを名誉に思います。

できれば先週にズマ氏からの権力移譲が果たされ、私はここで演説するはずでした。

しかし前大統領ズマ氏には権力委譲に同意していただいて感謝しています。

ズマ氏の任期中、南アフリカは大きな進展を果たしました。(←ここはお世辞でしょうね)

It is a great honour and privilege to deliver this State of the Nation Address.

This Address should have been delivered last week, but was delayed so that we could properly manage issues of political transition.

I wish to thank Honourable Members and the people of South Africa for their patience and forbearance.

I also wish to extend a word of gratitude to former President Jacob Zuma for the manner in which he approached this difficult and sensitive process.

I wish to thank him for his service to the nation during his two terms as President of the Republic, during which the country made significant progress in several areas of development.


2.近年ANCの政策はそれなりの成果を上げて来た。


・ありがちなマンデラ氏への賛辞。

・これが新しい夜明けだ。)

・いろいろな先人への賛辞。

・われわれは多民族多文化国家に住んでいるが、ひとつだ。

といったことが述べられた後、次のように続けられます。

1994年にマンデラ氏が初の黒人大統領になったことはブレイクスルーだった。貧困率も下がった。しかし近年は逆行傾向にある。

2015年に貧困率、失業率は上昇した。不平等も是正されていない。

経済成長率も、期待した伸びを見せていない。

しかし、こうした逆境にもかかわらず南アフリカ経済は着実な成長を遂げている。

The state we are in as a nation is that while poverty declined significantly following the democratic breakthrough of 1994, we have seen reverses in recent years.

Poverty levels rose in 2015, unemployment has gone up and inequality has persisted.

For several years our economy has not grown at the pace needed to create enough jobs or lift our people out of poverty.

Public finances have been constrained, limiting the ability of government to expand its investment in economic and social development.

Despite these challenging conditions, we have managed – working together – to achieve progress in improving the lives of our people.

Even under conditions of weak growth, our economy has created jobs, but not at the pace required to absorb new entrants into the labour market.

・数字による成果の説明。

・海外からの投資の呼び込みにも成功している。

・南アフリカが新興国として評価を受けていることに疑いはない。

ということが付け加えられます。

つづきます。