Nekfeu(ネクフ)さん。

(「ネクフ」出典:Wikipedia)

こんにちは、みゅじ子です。ご無沙汰しています。本サイト(ニュースオールズ)で音楽について担当させて頂いています。さて、ワタシの書いた記事で意外に注目を集めているのが、フランスのラッパー、ネクフ(Nekfeu)さんです。まだ彼を表立って取り上げていませんでした。本記事で、ご紹介したいと思います。

名前の発音は「Nek-feu」と読んで「ネクフ(ゥ)」で良いでしょう。「ヌクフ(e発音無し)」でも「ネクフ―(最後のばし)」でもないと思います。「feu」はフランス語で「fire(英語の火、炎)」ですよね。


・もともとS-Crewの一員。



なにを隠そう、この記事でも書いた通り、ワタシが「フランス語で一番ラップが上手い」と思っているのが、このネクフさんです。

わ・・・若いですけど、もともと上掲画像(↑)のような5人組ボーイズラップグループS-Crewで活動をしていました。

その後、2015年にソロデビューしています。私達が注目しているのは、この時期のネクフさんでしょうね。


・おススメの曲を挙げろと言えば・・・。



ネクフさんの曲で何がおススメかと言えば、恐らくは本記事に興味を持ったみなさんもご存知の「Plume(羽)」 でしょう。2015年の楽曲です。

当然、2015年のソロデビューアルバム「Feu(炎)」にも入っていると思うのが普通なのですが(下記画像)、アーティストのこだわりなのか、入っていません。


Feu(2015)

Plumeは入っていません。

ただ、このアルバムの拡張版(フランスAmazonに移動)には、Plumeなどのシングルがたくさん付け加えられているようです。下記の青いバージョンの「Feu」が、それだと思います。

Feu拡張版(2016)

フランス本国では2015年11月発売

モノとしてアルバム買わなくても、MP3で欲しい曲だけ落とすという手もあります。


・もう1曲あげるなら?



ネクフさんの曲で、もう1曲挙げろと言われたら、これ(↑)ですね。

Le bruit de ma ville(オレの街の喧騒)」という曲です。

アマゾンで「ネクフはフランスのエミネムだ」とか評してたレビュアーさんが居ましたけれども、ワタシはそうは思わなくて、ネクフさん自体はむしろ、あんな(失礼)高速ラップはしなくて、どちらかというと南国っぽいテイストのゆる~い曲調に傑作を生みだしている印象です。

ここまで紹介した2曲とも、そういった曲調ですね。


・つづきがあれば・・・。


いかがただったでしょうか。すこし急ぎ足でしたけれども、本サイトでわりと人気のあるフランスのラッパー、ネクフ(Nekfeu)さんをご紹介させて頂きました。

まだまだ紹介し切れていませんけれども、これからもどんどん、目新しいアーティストさんたちをピックアップして行きたいと思います。

それでは。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m